つぶやき

口蹄疫問題は、漸く全国的な話題になったようです。
この問題は、発覚当初から、地震とか台風とかの深甚な災害と同種のものであり、担当大臣が現地に赴いて、現場の声をまず聞く。
そういう当たり前のことを怠ってしまっているので、今更責任が自分には全くないと強弁すること自体、おかしい。
他、口蹄疫の感染した牛を食べて、流通させてもいいのではないか。などということを言う評論家がいて、それが全国放送で流されている。
異常な事態が続いています。
東国原知事をどうしても批判したい人もいるようですが、そういう人は、この問題が発生した日からの知事のブログを読んでみて、それでも同じことが言えるのかどうか、思い返してみたらいい。

世の中に、身勝手な人がこんなに多いのかと驚いてしまいます。

この問題の根底には、地方への蔑視があるように思えてならない。
宮崎の畜産がダメでも、他に畜産が盛んなところがあるからいいのじゃないか。
お笑いタレントを抱く県などは、所詮レベルの低い奴らだから、どうなっても構わない。

人間というものは、本質的に身勝手な者です。
それをあからさまにするのは、恥ずかしいから、しないだけとも言えます。
そういう赤裸々な側面を垣間見られたのは、個人的には面白かった

政治の貧困、身勝手な庶民。
ギリシャとかタイの暴動との同質性を感じます。
噴出している現れ方が相違しているだけなんでしょう。
所詮、他人事です


自分の住む町は、牛の方が、人間よりも多いところです。
それだからなのか、町政運営におかしいところがあるんですね。
牛主権というか、牛中心に町の運営が行われているようです。
今の町長も獣医出身だし、畜産関係者が町政を牛耳っています。

畜産関係者ではない自分などは、頭にくることが多いのですが、
畜産関係者がエネルギッシュであると認めなくてはいけないんです。
彼らは、真面目に日本一になろうと考えて行動しているんですからね。
より良い牛の育成を、日々真剣になって日々語らっています。
牛以外に目を向けろよ。と自分は思うんですがね

事件発生した町の畜産関係者も、同種の情熱家たちが多かったと想像できるんですね。
そこが、可哀想というか、やるせなく感じます。
宮崎牛は、松坂牛とかブランド牛の下請けの甘んじている時代が長かった。
そして最近になって漸く、独自ブランドとして認められるようにもなった
それだけに、その鼻息は荒かった。

それが潰えそうになっている状況は、関係者にとってはショックとか言う言葉だけで、語り尽くせないと思います。
たかが牛、豚ではないですね。
日本で一番になりたいと情熱を持って頑張ってきたであろう人なんです。
再び立ち上がれ。
軽々しく言えませんよね。

特に今の政権みたいに、地元を小馬鹿にしているような言葉を使う政府の下ではね。
こういう気持ちは、おそらく全国の畜産関係者も感じていると思う。
和牛もメイドインジャパンなんです。
ウォークマンとかハイブリットカーとかと変わらない情熱を持って頑張った人たちが生みだしたものなんだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊ゲンダイの宮崎県と知事に対する誹謗記事について

東国原浮かれ知事に天罰 
口蹄疫大被害と疫病神知事 お笑い芸人失格人間を知事に選んだ宮崎県民に責任があるのに国の税金で救済は虫が良過ぎないか
 どこまで調子がいい男なんだ。これまで散々、民主党を批判してきた宮崎県の東国原知事が、「口蹄疫」の被害に見舞われ、鳩山政権に泣きついている。

 宮崎県を訪ねた平野官房長官に「関係者の無念は尋常じゃない」と訴え、鳩山首相あてに具体的な要望項目をズラズラと並べた「要望書」を手渡した。さすがに、宮崎牛のブランドを支える「種牛」49頭が殺処分されることになり、真っ青になっているらしい。
 残る種牛は、避難させているエース級の6頭だけ。もし、6頭が感染したら宮崎の畜産は終わりだ。鳩山首相は、予備費から1000億円規模を拠出することを決めた。

 しかし、家畜の伝染病対策は法律上、県の責任だ。エラソーに「地方分権」を言ってきたのだから、すぐに国に泣きつかず、自分で解決したらどうなんだ。

 「そもそも、ここまで被害が広がった責任の一端は、知事にあります。公式には、最初の感染牛は4月20日に確認されたことになっているが、すでに4月9日の時点で口蹄疫と疑われる牛が見つかり、獣医が家畜保健衛生所に鑑定を依頼していた。4月9日に対策を取っていたら、ここまで被害は広がらなかったはずです」(県政関係者)
 テレビ出演にうつつを抜かし、片手間で県政をやってきた東国原知事には「いつか重大なミスを犯すのではないか」と危惧する声が強かったが、とうとう宮崎県が破滅に向かいかねない事態が勃発である。 県民からは「チャラチャラ浮かれてきた知事への天罰だ」なんて声も上がっている。
(日刊ゲンダイの記事より)


ネットで話題の記事をアップしてみた。
全国の多くの人が、宮崎県の為に怒ってくれているので、それだけで県民としては嬉しいです。
ありがとう。

ですが、個人的には、怒りは無いです。
なるようにしかならない。ジタバタしてもしようがないしね
もし、口蹄疫発生が前知事の時に起こっていたら、今回の災厄は、もっと大きなものになったに違いないという気はしますし、その点は、宮崎県民でその考えは共有できます。
今回東国原知事で良かったとみんな思っています。中には、知事の対応ではダメだと言うひともいますけどね

口蹄疫発生そのもの発見は困難なものです。最初に発生した農家への同情が、遅れに繋がったとしても、それはあくまで善意で行ったこと。
愚かであったとしても、善意の行為を責めるほど、誰も偉い訳ではないでしょう。
ミスをしない人間はいないのだしね。

事件発生後、4月中に、今のような対策本部を国が立ち上げられなかったのは、どういう意識の元だったのか。風評被害を恐れてなのか。
自分が思うのは、今の政府には、宮崎の畜産業を守ろうというスタンスを感じられなかった。
宮崎県民全体と、そういう考えを共有できると思う。

知事が泣きついたとか、天罰が下ったとか。
そういう卑小な問題でなくなっているのが今の状況だ。

天罰が下って、宮崎の畜産業が絶滅したとしたら、それは日本の畜産業の絶滅に通じるということだ。
今、宮崎の畜産農家の多くは廃業を考えている。
そのまま見捨てるというが、日本人の多くの判断なら仕方ないでしょう。
3Kの辛い仕事を続ける意義は、畜産農家には無いのだしね
そして畜産農家の心は、萎えかかっている。

十分なフォローを、政府が行おうとしないのなら、確実に町が無くなるし、地方も潰える。

政府は、今のせっぱ詰まった状況への意識は皆無なのだろうから、赤松大臣みたいに、ニタニタ笑い、自民党の議員に対して懲罰決議を出そうとしているのだ。
そういう状況を、全て宮崎県の畜産農家は見て、真剣に廃業を考えている。

畜産業が日本から無くなり、外国から安い肉を輸入すれば、それで家計は助かる。
それも、一つの識見だし、そういう判断でも良いじゅないか。
日刊ゲンダイの記者は、是非そうすべきだと言いたいのじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山首相の施政演説は長くて理解し難いものでしたね

昨日はオバマ大統領が議会で演説しているのを、解説した番組を聞いて。そして今日は鳩山首相の施政方針演説を聞いてみた。

オバマ大統領の頭の中には、日本の姿は全くといいほどないのでしょう。こちらが、アメリカ人に心地よいことをばかり言っているようでしたが、日本人としては、果敢にこの経済危機にたいして雇用拡大策を積極的に打ち出すようなことを主張していたのは、羨ましいと思いましたね

一方、鳩山首相は、日本の首相よりも、どこかの大学教授か国連にでも勤めれば、いいのでしょうか、具体的には、日本人の為よりも世界とか地球の為にどうするのかを主眼にしているかのようです。

政治と金という問題がこれほどクローズアップされているのに、そういうは簡単にやり過ごしてしまいました。

この演説を聞いた国会議員のインタビューをニューズが出ていました。

あの小泉進次郎さんが、意外としっかりと答えていたので、びっくり、対してこの前のい選挙で対決した民主党の横粂議員は、この演説を絶賛していました。ごますりをしているのかな。

世界中で批判を受けているオバマ演説でさえ、その主眼としているのを、分かるようなものだったけど、鳩山演説は、お坊さんの説教と同じで、地球人として良き生き方を説いているようなものじゃないのかね

子供手当はどうなっているのだ、ガソリンの暫定税率はどうなったんだ。雇用問題は

凡人には、分かり難いものでしたね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市型選挙になっているみたいだ

前回に続いて、今回も都市部の結果で、勝敗が決しそうだ

都市部では、民主党が圧勝らしいので、結果は見えましたね。そもそも選挙区の一票の格差是正を地道に行われてきた結果が招いたのでしょうかね

利権誘導、世襲性を行ってきた自民党自身は、自らを改革することができずに、選挙民から退出させられていくわけですね。

自分が最も気になるのは、自民党だけではなく既存政党が、そういう政治の大きな分岐点を自覚できているかどうかですね

つまるところ、これからの日本の政治は、政党名のみが重要で、どの選挙区から出ても差異はなくなっていくということ。
イギリスみたいになっていくのでしょうね。


それにしても、前回の郵政選挙でも、郵政という既存利権への都市部を中心としたアレルギーが、自民党の圧勝の結果をもたらしたとも言えそうだし、今回も民主党が主に訴えているのは、既存利権の排除なんでしょうから、前回と同様の心理状態に国民はあるとも言えそうですね。

利権誘導という地方同士の綱引きをする政治から、既存利権破壊を訴えることにより、国民をより惹きつけるという構図ができたとも言えますね。


自民党は、前回の郵政改革において、素直に負の側面を認めることができなかったことや、労働者派遣法改革での反省とかを、選挙の争点にしなかったことが、かえって国民の不信感を招いているとも言えますね。

自民党は、参議院でも負けている訳だし、選挙後国政への影響力は、著しくなくなったことになります。
この結果により、自民党内で新旧交代が進めば、良しなんですけど、できなければ自民党は解体するしかないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子覚醒剤事件について

テレビをつけると、政権交代があるかも知れぬ衆議院選挙よりも、一芸能人の事件を多く報道しております。

日本の多くの人は、このところの過剰報道で、事件の経過を詳しく知ってしまったのでしょう。
ですが、確実なことは大半の人は、肝心なことは知りえず、漠然と詳しくなっているだけでしょう

自分は、ワイドショーは見ないし、民放のニュースもそんなに見ない人間なんだけど、細切れニュースに触れているだけで、それなりに詳しくなってしまいましたね。


この事件の発端は、酒井夫妻への警察の職務質問があり、その場で、酒井被告が逃走したところから始まった訳なんですけど、その最初の職務質問が、どういう状況で行われという情報は、伏せられています。
何らかのたれ込みがあったのか、それとも警察が密かにマークしていたのか、それとも酒井被告の事件の前にあった、同じ芸能人が起こした押尾被告の事件の真相を反らす為に起きたのか。

そういう肝心なところを誤魔化してままで、進行してますね。
偶発的な事件でなかったことは確かなようです。


そして酒井被告の所属する芸能プロダクションの社長の行動も怪しいですね。
酒井被告の周辺を全く無知だったとは、思えないですよね。

世間の動きを勘案して動いているようでした。
もしこの社長が、全く酒井被告の周辺のことを無知だったのなら、それはそれで問題でしょう。
高額であるはずの企業との広告契約において、怪しげな人物を売り込んでしまったというのでは、芸能プロダクション社長としては、失格と言われても仕方ないでしょう。
そして当社長は、酒井被告を解雇すれば、自分の責任はそれで終わりと考えている模様でもあります。自分も被害者だと言いたいみたいです。
そういう無責任な態度でも許されると思われるから、芸能界は特殊な世界と思われるのでしょう。

更におかしいと思えるところは、酒井被告よりも、酒井被告の旦那さんの方がより悪いようにに、マスコミが暗に言っているのもおかしいですね。
酒井被告の家族関係とか考えれば、酒井被告の方に怪しい人物がいるみたいなんですけどね


過剰報道ではあるが、要点を絞った分かりやすく報道しようとする姿勢は、マスコミには欠如しているみたいですね。視聴率が稼げるから、だらだらと同じようなことを報道しているだけとしか思えないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙争点が政権交代というのはどうなのか

いよいよ衆議院選挙が近づいてきました。
自分の住んでいる宮崎のど田舎にも、度々選挙カーがやって来ています。
民主党議員は、勝てるという見込みがある為か、演説にも気合いが入っているようです。

ですが、自民党の失策を訴えることばかりなのと、政権交代の意義ばかりを強調するのは、どうなのかしら。

テレビ等で、報道されるマニフェストについても、自民党と民主党は、それほどの差があるとは感じられないとも言えますわね。

特油税が廃止されそうなことが民主党政権になった場合の。庶民にも分かる大きな違いと言えそうだけど、それを廃止してしまうと、地方の土建屋さんは、立ちゆかなくなるかも知れませんし、都会で車を持っていない人の利点もありませんわね。

そもそも政権交代が、最大の争点となっているのでは、民主党が政権を取ってみないとどうなるかは、国民には分からないとしか言いようはありませんですね。

明らかに前回の自民党の大勝は、おかしかったとは言えそうですが、今度の選挙結果も、数年後にはそう言われそうです。

なんとかならんもんですかね。
どちらの党が勝っても、心配事は多そうです。

が自分は、個人的には自民党を応援したいですね。
今度の選挙では、民主党が大勝するでしょうが、自民党が今度の負けで、新旧交代を進めることができればいいのじゃないでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東国原知事は出馬を断念するらしいことについて

自民党の都議選敗北の衝撃が大きかったので、東国原知事の次回衆議院選への出馬断念のニュースは影が薄くなっていますね。

ここにきて、麻生首相が解散を決意したらしいので、未だ進退を明確にしていない東国原知事の出馬はないだろうということなんでしょう。

自民党に渇を入れるつもりが、空振りで終わり、地元宮崎での支持率を大きく落としただけだったでしたね。

知事に留まっても、次回の知事選においては、必ずしも勝てる見込みが無くなったとも言えそうです。

東国原知事がメディアに言った、一年半ぷらぷら発言をそのまま実行すると、確実に2期目の知事はないでしょう。

宮崎県内でも、宮崎県南部の都城出身の東国原知事は、県北での支持はそれほどでもないことも、次回の知事選の行方を不透明にしておりますね。宮崎県では、ポスト東国原時代への模索が始まっているのかもしれないですね

個人的には、師匠の北野武さんに、諭されたから、国政断念というように報じられているのは、残念ですね。

国政への熱意があったのなら、最初に断固として国政転身を発言して行動していれば、その後のグダグダはおそらくなかったでしょうし、芸能時代の師匠に諭されたという形も、情けないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分は東国原知事には国政に行って欲しいと思っている

東国原知事が国政転身するかどうかは、微妙になっていますね。
東国原知事の師匠の北野武さんが、知事に留まるようアドバイスしたことも大きいのかも知れない。

でも、自分は国政に行ってしまった方が良いと思っている。
そもそも、知事の踏みとどまるになら、最初からこのような騒ぎは起こすべきじゃなかったのではないのかな。
世論の動向を考えながらというのでは、信念があるのかどうかが疑われてしまうでしょうしね。

地方分権というのは、現段階では十分ではないというのは、多くの人も認めるところなんでしょうけど、知事が国会議員になれば解決するという問題でもないでしょう。
与党に大きな権限を求めた上での国政転身をすれば、なんとかなるのかも知れないと東国原知事は考えたのでしょうけど、
一旦国会議員、それも総裁、もしくはそれに準じる地位に就けば、国の立場で考えることが求められる。
地方の立場で国政を行われても、問題大ありでしょう。
更に、福祉、防衛、外交などの仕事に対する考えも求められる。
国民が考えている優先順位は、地方自治などは低い方かも知れない。

更に言えば、宮崎県民を説得する為に、宮崎の為に国政に行くなどという発言をしたことも、宮崎県以外の日本人の反発を招いた。
自分は、宮崎県民ですが、宮崎の為に国政に行くと言われても、別に嬉しいとも感じはしなかったし、自分の周りもそのように言う人ばかりです。

何を第一義に考えるのかが、東国原知事自身が明確になっていないのが問題なのでしょう。

自分が目立ちたいのか、宮崎県のみの為に国政に行きたいのか、地方の政治に携わる人全体の為にか、日本人全体に奉仕したいのか、
東国原知事の一連の発言、行動を見ていると、受け手によってはばらばらでしょう。

東国原知事が国政に行かなくても、宮崎県選出の国会議員もいる訳であり、そういう人への働きかけて、地方の声を国に届くように努力した方が良かったのではないのかな。

宮崎県選出の国会議員が頼りにならないから、自分が国政に行って宮崎の声を代弁する。
という風に捉えるのが、東国原知事の今回の騒動の説明には一番合っているみたいだが、宮崎県選出の国会議員は面白くは感じていないでしょう。

自民党としては、東国原知事を当面の選挙に利用することが念頭にある為に、関東比例区からの選出も考えているみたいだ。

手段と政治理念が、乖離してきてますね。

それもこれも、最初に東国原知事が、条件を出して自民党と話し合ったが為ですね。
東国原知事の政治理念が世論の動向その他諸々のものによって、損なわれております。

今やその政治信念すら疑われている状況です。

自分は、国政へ大きく踏み出したんだから、そのまま国政へ行った方が良いと思う。
このまま知事に留まっても、次回の知事選で勝てる保証がなくなっていますしね。
宮崎県からか、関東比例区からかは分かりませんが、国政へ行った方が、政治生命は長いでしょう。

知事に踏みとどまって、やる気をなくしてもらっても、宮崎県民としても迷惑ですしね。
冗談でも、元奥さんに、自分の代わりに、宮崎県知事をやってもらおうという発言をする人に、知事に踏みとどまってもらうのは、宮崎県としても不幸ですしね。

急速に東国原知事人気が色あせてしまいましたね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東国原知事は勘違いしているなあ

東国原知事は弱気になっているみたいですね。

東国原氏は出馬条件とした地方分権推進を「政府にけんかを売るようなもの」とした上で「『東国原をつぶせ』というのをすごく感じる。これが霞が関の抵抗。私は吹き飛ばされてしまうと思う」と吐露。同時に「条件をのんでくれないと国政に行くことはない」とあらためて強調した(日刊スポーツの記事より)

ただし、勘違いぶりは相変わらずですね。
最近の世論の逆風を、霞ヶ関の抵抗と捉えているところはおかしいですね。
単純に東国原知事の高飛車な発言、行動に、世論は呆れただけなんじゃないのかな。

宮崎県民としては、宮崎の利権拡大を訴えてくれる知事を応援したいのはやまやまなんだが、国政全体へ寄与するような発言を東国原知事が訴えているのかは疑問です。

地方分権を主張する一方、宮崎県民の悲願でもある東九州自動車道の敷設を国に求めるのは、矛盾を感じさせるのではないのか。

さらに、宮崎県内の給与水準の官民格差の問題も看過しているかのようなのでは、国にその点を指摘されるだけで、宮崎の主張は阻まれるのはないのか

こつこつと宮崎県の内政の充実を図り、地道に訴える努力が足りていないのではないか。

知事職を一期も務めていないのに、即国政へ転身というのは、宮崎県民をただの踏み台にしただけと考えられるのではないか。

そういう一連の諸々を、霞ヶ関の抵抗というものにして捉えていたらダメでしょう。

宮崎県内の東国原知事への思いは、ここ数週間でかなり変わりました
端的に言えば、宮崎県の為というより、自分が目立ちたいだけじゃないのか
というようなことを言う人が多くなりました

宮崎県知事に留まったらなら一年半はぶらぶらさせてもらう発言は、宮崎県内の東国原知事の支持に大きな変動を起こしてたみたいだ

本当ぶらぶらしたなら、次回の宮崎県知事選は勝てないでしょうし、知事でなくなった東国原氏を自民党もテレビ局も、注意を払うこともなくなるでしょう

もう既に、以前のように単純にテレビ等が、東国原知事を好意的に扱ってくれる状況ではなくなったし、全国の人も宮崎県の産品を単純にアピールするだけで、喜んでくれる状況でもなくなってしまった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東国原知事は国政に行くのかな

東国原知事は、今日も古賀選対委員長と話し合ったみたい。
条件闘争しているみたいで、国民受けは良くないですね。
国政に行きたいのなら、さっさと表明したらいいのにね。

先行きの読めない衆議院選のことについて、あれこれ話合っても、誰もどうすればいいか分かりませんでしょうに。

宮崎には、東国原知事が衆議院選に宮崎選挙区から出るかで、やきもきしている人がいて、東国原知事が衆議院の宮崎選挙区から出ると、逆に知事になろうと思っている人がいる。東国原知事が留まると、今度は宮崎選挙区から出ようとしている。
地方自治がどうか、国政がどうかということより、取り敢えず自分たちの身の置き場を確保しようと、東国原知事の行動を注目している訳ですね。

そうい構図を、宮崎県民は分かってはいるんです。
理想も何もない見苦しい動きが裏であるので、東国原知事が、地方自治がどうのこうの言っても、宮崎県民もしらけるんですね。
東国原知事が国政へ転身すると、その後知事の座についた人は、改革など一切しないであろうことも、宮崎県民は分かっているし、実のところ東国原知事も分かっていると思う。

本当に宮崎を変えていきたいのなら、最低一期は知事職を務め上げ、出来れば二期、三期もしてから、じわじわ改革していくべきでしょう。
前長野県知事で、タレントでもあった田中康夫知事は、二期務め、三期目に選挙で負けるまで、知事職を務めた
周りの反対は強硬だったが頑張ったと思う。
東国原知事も、選挙で負けるまで、せめて二期くらい努めてから国政へ転身するべきじゃないのか。
このままでは、何をしにタレントを止めて宮崎に来たのか分からなくなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧