I LOVE モーツァルト

I LOVE モーツァルト  石田衣良  幻冬舎Imge8298fe1zikazj


去年はモーツァルト生誕250周年だったので、いろいろなイベントがあり、いろいろな本も出版された。
その中で、作家の石田さんが書いたモーツァルトの本を読んだ。

石田さんのクラシック音楽との出会いがグレン・グールドのバッハの「ゴールドベルク変奏曲」というのは、納得できるし、共感できるね、
なにしろ当時というより、今もあの演奏、55年盤、83年盤とも衝撃的な演奏だからね。
これは、まだ聴いたことのない人は聴くべきかも

石田さんのモーツァルトの演奏について愛聴しているCDについて書いているところが、やはり面白いね。
自分も好きな演奏があったり、知らなくて聴いてみたいと思ったりする演奏があったりと、
付録についているCDも嬉しいね

その中で、交響曲第40番ト短調のところで、小林秀雄の「モーツァルト」の中の有名な「疾走するかなしみ」という言葉が使われていると述べているけど、これは間違いで、小林秀雄はト短調の五重奏曲についてこのフレーズを使っている。
これは、モーツァルト好きの中では、常識的なことだと思うけどなあ

石田さんの好きなモーツァルトと、自分の好きなモーツァルトの好きなセレクトが違っているのは楽しいね。

ピアノ協奏曲なら、石田さんは20番だけど、自分は21番、弦楽四重奏曲は石田さんは「不協和音」、自分は「狩り」。オペラなら石田さんは「魔笛」、自分は「フィガロの結婚」

演奏者のセレクトも、20番のピアノ協奏曲を石田さんは、イタリアの伝説的なピアニストのミケランジェリを愛聴していて、その第2楽章を十代のモニカ・ベルッチが、すごくセクシーで清楚なドレスで階段を下りてくるようなと表現している。
個人的には、ミケランジェリは偉大なピアニストだが、その奏でるものは、そんな綺麗で美しいと言うだけの人ではないと思うのだ。そのベルッチはきっと妖精の仮面を被ったお化けという気がしたりするんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコット・ロスのゴルドベルク変奏曲を買った

宮崎に行ったついでにCD屋に行ったら、スコット・ロスのゴルドベルク変奏曲を売っていたので、買った。そして早速聴いてみた。

チェンバロによる演奏だ。
夭折したけど、大家と呼ばれたロスの知る人ぞ知る名盤だね。

ピアノととは違い、チェンバロで演奏している方が、華やかな感じがするね。

このバッハのゴルドベルク変奏曲は、グレン・グールドの演奏で有名。
1955年と1981年との録音は、クラシック史上というより社会的な事件になるくらい有名で、グールドのカリスマ性は未だに健在。
偶に映画を作られたり、関連本が無数に出ている。
最近でもBSでグールドがソ連に行った演奏旅行がドキュメンタリーとして放送していた。

1955年に何でグールドは、このバッハの当時はそんなに知られていなかった曲を録音したのか。そしてまた1981年になって録音し、それは最初のときのものと随分違ったような録音をした。
1981年以降数年のNHKFMはこのグールドのこのCDをよく放送していた。

自分はこの演奏を聴いてクラシック音楽が好きになった。
何か分からないけど、何度きいても飽きさせない何かかあった。
以来20数年まだ聴き続けているし、まだ聴いていて楽しい。

チェンバロでのこのスコット・ロスの演奏は、同じゴルドベルク変奏曲といってもかなり違ったものだけど、楽しい演奏だね。
古楽でに演奏は、戦前はピアノに近いものに改造したものだったらしいけど、現代では昔の姿に近いもので演奏するみたい、そしてこの古楽の方がテクニカルになっているように思うし、華やかな音を奏でるようになるね、
こういうのは、オーケストラでも少人数での古楽演奏のほうが、華やかなのと一致するのかもね。

コンピューターでネットを使えるようになって、いろいろな演奏のCDを買えるようになったのは嬉しいね。
この前外国盤でのE.Dershavinaさんのゴルドベルク変奏曲も良かった。
この全然知らないロシアの若い女の人の演奏は良かった
嬉しい驚きだ。

これからも、よく分からない人のゴルドベルク変奏曲を買っていこうと思っている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のこだわり人物伝「モーツァルト」について

NHK教育で放送した私のこだわり人物伝「モーツァルト」は、面白い番組だったね
ナビゲーターの落語家の桂小米朝さんサイコー
モーツァルトの姿を4回に渡って放送していたけど、かなりいい感じで、実像を捉えていたのではないかな
最後に、小米朝さんが言っていた言葉
「無駄の多い人生と無駄のない音楽」というのは、言い得て妙だね。
小米朝さんのセンスもいいね。
それは、モーツァルトの音楽20選で一番に選んだのが、
オペラ「コジファン・ツゥッテ」というのに表れているね
自分は、このオペラよく知らないが、これをきっかけに聴いてみようと思ったものね。

私のこだわり人物伝は、ナビゲーターにより、かなり出来に差がでるみたいだね。
酷い放送もあったけど、今回のモーツァルトの回は良かったね。

モーツァルトは、NHKの「毎日モーツァルト」という番組も、山本耕史さんの柔らかい声もあって、気持ちいいものになっているし、モーツァルト好きには、嬉しいことだし、これをきっかけにモーツァルト好きが増えればいいよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKBSでハイフェッツを見た

BSでヤッシャ・ハイフェッツの演奏をしていた。
それもメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。
1949年の録画らしい。
これは、貴重なものを見せて頂いた。

ハイフェッツは昔から、高名だったけど、日本での人気はそれほどない、演奏者だね、
しかし、不世出の演奏者に違いないのは、明か。
技術的すぎる。冷たい演奏だ 思想性がない。
というのが、日本で評価する人が多いのだけど

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲はそんなものは、余り無関係な曲なので、
ハイフェッツの良いところが、ダイレクトに伝わる感じだね
決していい録音状況、貧弱なバックのオーケストラがあっても、圧倒される気がした。
ヴァイオリンの質感が凄いのだ。後ろの二十人か三十人かの音より、大きいし、正確無比な演奏は、ど肝を抜かれるね
いいものを見せてもらった

そうそう、ハイフェッツが使っているストラディバリウスの「ドルフィン」というヴァイオリンは、今諏訪内晶子さんが使っているらしい。これも感慨深いことだね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

100円ショップでホロヴィッツを買った

ダイソーの百円ショップに行く機会があって、ぶらぶら店内を歩いていたら、CDコーナーがあってそこにクラシック音楽も売っていた。

何気なく覗いて見てみると、ホロヴィッツも売っているではないか

ラフマニノフのピアノ協奏曲の第3番、買って聴いてみた。

録音が悪いような気もするけど、なんせ古い録音なのでこんなものかとも思ったりして

こんなものを、100円で売っていいのかな。個人的には嬉しいけど

2番が有名だけど、3番はよりテクニカルな曲だね。それにしても派手な曲だ。

車に乗りながら聴いていたら、気が付くと、速度が40キロくらいになっていた。田舎の一本道でこのスピードじゃ迷惑だね。案の定後ろに2.3台車がいた。

まあ、人口が少ないところなんだから許してねと思ったりした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーツァルトの人気投票について

春のモーツァルト祭りでモーツァルトの曲の人気投票していたね。

一位は、アイネクライネナハトマジーク。

一番通俗的な曲がやはり人気があるみたいだね。

他、トルコ行進曲、きらら星も人気あったしね。

まあ仕方がないね。

自分が好きなモーツァルトの曲はというと、一杯有りすぎて選べないくらいだけど、ピアノ協奏曲の21番か、弦楽四重奏曲の「狩り」とかフィガロの結婚かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシックCD名盤バトル

46bb8d1128e8249b クラシックCD名盤バトル 許光俊VS鈴木淳史 洋泉社新書

久しぶりのクラシック記事だけど、この本に対しては否定的意見を述べなければならないなあ。

この両執筆者は、クラシック批評のニューウェーブで、少なからず影響があると思うので、それに対し自分の意見も書いておきます。

まず、この本で取り上げられる曲が、交響曲が多すぎるのは気になるね。それと、モーツァルトのオペラ、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲、シューベルトの歌曲などが、外されているのは、頂けないね。

個別にも、ベートーヴェンのピアノ協奏曲が1番と4番を取り上げられ、5番「皇帝」が外されているのは、疑問だね。他にも色々疑問があるけど、ここでは長くなるので不問にしておこう。

ええーと、一番言いたいのは、取り上げられた曲に対する、演奏者のセレクトがおかしいのではないかということだ。

こんな本を買おうという人は、初心者、それに毛が生えたくらいの人たちだろうけど、そんな人たちに変化球といっていい演奏者のセレクトが多いのは問題だ。以前取り上げた高嶋さんの本ではその点を踏まえて、自分の好みばかりを優先せず、親切なセレクトをしていたね。それなのにこの両者は、意外性を狙う余り、変な選択の比率が多すぎる。こんなもんばかり聴いていたら、クラシック嫌いになるかも知れないよね。

個別のセレクトを見ていくと、自分もこんなに莫大な曲の多様の演奏者の演奏は知れないので、知っている得意の曲で見てみると

まず、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」チェンバロでの演奏が鈴木秀美、ピアノの演奏がギレリス、ここでは、誰もがグールドが外される理由が分からないねというだろうね。ゴールドベルク変奏曲フリークは凄く詳しい人が多いし、そんな人たちでもグールドを外すことはないと思うね。チェンバロの演奏でも、この分野が、この20年でとんでもなく進歩しているのも知らないみたいだね。

ショパン「スケルツォ」、ショパンはこのスケルツォしか取り上げられていないのも疑問だけど、演奏者にポゴレリチ、ジョン・コウリの2者を取り上げているね。ジョン・コウリは不勉強で知らないけど、

ここで、一番言いたいことは、何故ホロヴィッツが外されているのだということだ。好き嫌いは別として、ショパンで外したらいけない名前ではないか、ポゴレリチのショパンコンクールでの事件を暗に仄めかしているのだろうけど、あんなもの邪道だろ。(今から20数年前ショパンコンクール予選でポゴレリチはジャズ風にアレンジしてショパンを弾いて落選、審査員たちの意見も紛糾した大事件)、今はもちろんポゴレリチああではないし、大ピアニストになっているけど、ホロヴィッツと較べるくらいのピアニストではないのではないかな

モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番」ここでは、ピリスとジャズピアニストのキース・ジャレットが取り上げられているね。ピリスは問題ないと思う、この変は好みで判断しても良いと思うけど、キース・ジャレットはないだろう。自分もこの演奏聴いたことあるけど、どうってことないものだったしね。ジャズの「ケルンコンサート」みたいに,自由に弾かしたら、限りなく魅力的な演奏をするキース・ジャレットも、決められた楽譜を演奏したのでは、いいところがあまり出ないような気がするね。これは、超変化球、初心者には全く向いていない。

ここで脱線するけど、クラシック演奏者が、ジャズを弾くと面白いものが多いと個人的には思うね。フリードリッヒ・グルダが自分で勝手に作曲したジャズの曲の演奏聴いたことあるけど、個人的には無茶苦茶面白かった。ただし、このジャズを弾くグルダは、専門家には評価されてないけど

本題に戻るけど、個別の選択でこんなにイレギュラーなものが多いのは問題じゃないかな。面白ければいいというものではないと思うけどね。

最後に、日本人の書いたクラシックの名曲セレクトに、世界的に評価されている武満徹を取り上げていないのも問題だろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凄いぞスルツカヤ

根性で起きていた価値があったぞ。凄いぞスルツカヤ

バックの曲が死の舞踏だって。

これは確かにリストの「死の舞踏」だった。

日本人には馴染みがない曲だけど、西洋人にとってこの旋律は有名なのだ。

なぜなら、この死の舞踏はグレゴリオ聖歌「怒りの日」の旋律を使っているからだ。

この「怒りの日」は繰り返し西洋人の作曲家によって取り入れられている重要な旋律なのだ。

ベルリオーズの「幻想交響曲」、20世紀作曲家ダラビッコラ「囚われ人の歌」そしてリストの「死の舞踏」などなど

こんな最後の審判を奏でる音楽で踊るなんて……………………絶句だね。

荒川さんも素晴らしいぞ。でも満足したのでもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サントリーの伝説のCMの中の音楽について

今日もテレビ見ながら書いています。女子カーリングの小野寺選手のスーパーショットを生で見てしまった。このオリンピックでもしかしたら日本人選手の一番のシーンかも。ただ、いまいち何が凄いのかよく分からなかったけど。

えーと本題ですね。自分が考えるサントリーの昭和50年代の名CMは3つあって、一つは、雨の中を子犬が街を走り抜けるCM、ダバダバダバダという音楽とともに物凄い有名。30代以上ならほとんどの人が、ああ、あのCMねと分かるくらいにね。

もう一つは松田聖子が歌っているバックミュージックを背景に、、アニメのペンギンが出てくるCM。何しろ松田聖子の人気は凄かったから、これも一世風靡したね。

最後は、今日語りたいもので、砂漠を旅するフランスの象徴詩人アルチュール・ランボーのCM。これは、上の2つに較べ、知る人ぞ知るCMで、ハイセンスだったね。

サーカスの道化とともにランボーが歩いているだけなんだけど、バックにかかっていた音楽が独創的。グスタフ・マーラーの声楽付き交響曲「大地の歌」の中の第三楽章「青春について」を使っていたから。当時まだ、マーラーは一般的じゃなかったけど、この曲をきっかけにか、ひそかなブームになった。

この「大地の歌」は中国の李白などの詩を脚色して声楽をつけた交響曲 なんだけど、これが、西洋人のけったいなオリエント趣味の、はなはだグロテスクな曲になっている。でもこれが、もの凄く面白い。

第一楽章「大地の悲しみに寄せる酒の歌」(李白の詩が原作)

第二楽章「秋の寂しさ」(原作は分からない)

第三楽章「青春について」(李白の詩が原作)

第四楽章「美について」(李白の詩が原作)

第五楽章「春に酔える者」(李白の詩が原作)

第六楽章「告別」(王維の詩が原作)

この楽章と題名を書いただけでも、面白そうでしょ。奇数がテノール(男性高音)、偶数(女性低音)の独唱になっている。

李白の詩をもとに書かれているものが多いので、酒ばかり飲んでいる曲が多いね。CMで使われたのはこの交響曲の中でも陽気な曲だったね。酒を楽しく飲もうということかな。まあ洋酒会社のCMなんだからこれは普通かな。

自分がつっこみを入れたいのは、第四楽章と第六楽章、

第四の曲想は、池のほとりに乙女たちが花を摘んでいる最中、近くを見目麗しい貴公子が通りすぎていくシーンとのことらしいのですが、

貴公子が通り過ぎ去る場面にかかる音楽が、チンドン屋みたいに登場して、これがくどいのだ。これが憧れを表現する音楽なのかな?可笑しい感性だな。

そして最後の第六楽章の告別、これは王維の詩で、高校の漢文でも習うくらい有名な詩を脚色したもので、この交響曲の長さは60分くらいのうち30分くらいがこの楽章にかけられている。

王維の短い詩をえんえんと演奏する。曲想は故郷に隠棲しようとする友達との別れを曲にしている。

日本人なら別れる時は、やあそれではと軽やかに別れるのだけど、またこの王維の詩もさらっとしたものなんだけど、このマーラーの曲はくどいのだ。とことん友との別離の哀切さを歌い上げる。これはまた秀逸なんだけど。

最後になるにつけ、エーリッヒ、エーリッヒ、日本語訳で永遠を連呼する。序序に言葉が小さくなっていくのだけど。何回も連呼すれば、日本人としては有情とうものが浮かぶとは思えないのだけど、西洋人はゴリ押しするんだね。で何か分からない味わいをだしてしまうから面白いね。でも、全体的に見れば中国的になっているのだね。ここは特筆すべきだね。

ランボーとマーラーの不思議な出会い。このCMは東洋でも西洋でもないけど、東洋でも西洋でもあるものを上手く出していたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲目変更?

最近オリンピックのことばかり書いているなあ。今回もオリンピックネタ。フィギュアスケートの荒川さん、安藤さんが曲目変更したことについて、また少し考えることがあるので、

イタリアの作曲家のプッチーニの曲に変更した方がいい点数が出るだろうということでの変更らしいけど、こんなこと失礼だけど、イタリアでのオリンピックはもう何年前から決まっているのだから、直前に変更というの、やはりぶれがあるのだろうね。

荒川さんの「トゥーランドット」は中国が舞台のオペラ、安藤さんの「蝶々夫人」は日本が舞台、訳の分からない西洋人のオリエンタル趣味の曲で、べたべたのメロドラマ、まあ面白く演じることができれば高得点取れると思うけど、難曲ちゃうのかな。特にまだ若い安藤さんが踊るのは難しいのでは、曲もゆったりだし、ジャンプが得意な安藤さんには乗りづらいと思うけど、もっとリズム感のあるティーンが踊りやすい曲の方が点数がでると思うけど、

自分みたいな素人でも普通に考えれば、このような結論が出るのに、相変わらずマスコミは、イタリアの曲だから絶対いいとかの持ち上げばかり、まだ始まる前にネガティブな意見は出しにくいのだろうけど、冷静に判断するのも必要では

荒川さんはベテランだし、この変更はいいのじゃないかな、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧