人類の子供たち 32 33

小屋に入って、ジュリアンは出産をした。水が必要になり、セオが汲みにいこうとすると、ミリアムが制止して代わりに行った。しかし、ミリアムは帰って来なかった。セオが様子を見に行ってみると、ミリアムは亡くなっていた。セオは評議会のメンバーが近くにいると確信し、小屋に戻った。外で音がしたので、出てみるとザンがいた。話合いを行ったが、上手くいかず、最後は、鉄砲での殺し合いになったが、セオが勝った。セオはザンの指輪を抜いて自分の指にはめ、イングランド国守になった。暫くして、評議会のメンバーがやって来た。

これで、終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 31

3人は、セオが奪ってきた車で逃走した。その車のラジオで。あの老夫婦の妻が心臓発作で亡くなったと知った。セオたちは、殺人犯として手配されている中。ジュリアンの陣痛がはじまった。森のはずれの木こり小屋にたどり着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 30

セオはジュリアンたちと取り敢えず別れて車を強奪に近くの民家に行った。そこで老夫婦を脅し、車と食料を奪った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 29

朝起きると、ロルフがいなくなっていた、イングランド国守のザンのもとに走ったものと考えられた。セオたちは、これからどうするのかの選択を迫られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 28

セオたちは、ルークを埋葬した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 27

セオたちと仲間は、突然オメガの隈とり族に襲われた。彼らは仲間の一人、ルークを殺害し、車と食料を焼いて去っていった。

人間も原始化しているみたいだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 26

セオは、4人の仲間たちと、心安まる生活を送った。逃亡生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 25

セオは、地面で寝て、起きると紅茶を飲み、ジュリアンの夫ロルフと神を信じるのかという会話をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 24

セオたちを乗せた車は、郊外へ向けて走っていたが、車はパンクしてしまった。車の修理に手間取ってしまい。そこで泊まることになりそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人類の子供たち 23

セオは車の中で、ジュリアンの夫のロルフと話をした。ロルフはイングランド国守のザンに取って変わるのは、自分だなんてことを言った。セオはそれなら、今までと同じだと言った

結局、つまるところ同じことのために、運動していたということだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)