孤児マリー②

マドレーヌねえやという人がやって来た。マリーエーメ教師、ネロンねえや3人がマリーたちと過ごすことになった。マリーは毎週のようにハンカチをなくしその度に、神様に祈るのだった。司察さまは、若い方と代わった

細かいことがいろいろあるけど、要約不能だね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孤児マリー①

孤児マリー マルグリット・オードゥー 堀口大学訳  新潮文庫

母が亡くなった後、父は失踪し、 マリーは、、姉とともに孤児院に預けられた。姉は中級部へ、マリーは幼年部へ入れられた。マリーは早速同室のイズメリー、オーギュスティヌとも知り合いになった。教室には、イズメリーが厳格だと嫌っていたあだ名がエステルねえやことマリー・エーメ教師がついた。ある油屋さんのための胡桃の殻を剥がしておいている容器から、みんながつまみ喰いするのをマリーは羨ましく思い、ある時容器からとって、夜ベッドの中で口にほおばってみた。すると音に気づいたエステルねえやは、巡回に回ってきたが、見つからなく済んだ。戸口では猫が子猫を生んでいた。

この小説は、1910年作。文庫への翻訳も1953年。自分が持っている本も1973年出版。この素晴らしい小説を知っている人はいなくなっていくのだろうね

オードゥは、ただのお針子だったんだね。目が見えにくくなり、仕方ないから小説でも書いてみようかということで、書けたんだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)