日本対バーレーン戦について

試合の結果うんねんより、岡田監督の「今日は言い訳なしで結果を出せということで始めましたが、結果は出してくれたと思います。」
などというコメントが気になりました。

ガチに勝ちにいったのだが、ホームで、W杯の出場を逃した相手。
勝ち負けよりも、他にテーマを持って望んでいなければいかんでしょうにね。

大差で勝つことを課すとか、デフェンスは控え選手でやってみるとか、
その上て課した結果に評価をどうするのか。

そういう試みは、今日の試合では、海外組を前戦に起用して自由のやらしただけじゃないかしら。
もちろん、監督は、あれこれ攻撃の指示を出したようだけどね。

つまりですね。本番を想定した強化試合になっていないんですよね。
W杯で格上と戦わなくてはいけない訳ですよね。
ぶっちゃけ、退場者をわざと2人ぐらい出して、それでも点を取るのにどうしたらいいのかを試すくらい、思い切ったことをしないとダメなのだと自分は思いますね。

できることを改めて確認しても無駄なんだしね
そういう観点からみれば、できることの確認ばかりしている岡田監督は、どうなのかとも思う。

岡田監督は自分の首がかかっているから、結果が欲しかったのでしょうけど、日本代表のW杯に向けての試合のあり方として、どうなのかは疑問ですね。

自分としては、W杯での日本の予選敗退の予感は、ますます高まってしまいました。
選手の思い出作りですね。
気楽にW杯を観戦できるので、それも良いのかも知れないですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「岡田監督、W杯に若手数人帯同へ」というニュースについて

岡田監督で南アフリカW杯に望むようです。
全く期待できないのですけど、それが協会の判断なのだから、W杯後責任を取ってもらいたいものです。
W杯一次リーグ敗退後も、岡田監督は視察するということで、南アフリカに滞在しそうですね。フランスW杯の時と同じようにね。

今回のニュースでは、若手選手を帯同させるようです。

自分は、本質的に岡田監督の考えとは相容れない見方をするものなので、若手を帯同させるという考えは、おかしいと思います。
岡田監督が指揮したフランスW杯でも。若手選手を帯同させましたが、その若手選手を代表に呼んでいないことに対して矛盾と思わないのかしら。

高校野球において、甲子園の前日練習で、補欠選手が甲子園の土を持って帰るのとだぶってしまいます。高校生はあくまでアマチュアです。
W杯で戦う選手は全員プロなんですから、そういう特別待遇自体がおかしいのじゃないかしら。
自分たちも思い出作りにいそしむから、そのお裾分けをするかのように写ります。

選手にとって。W杯は一生一度あるかどうかの檜舞台でしょうけど、それはピッチに立ってこそ意義がある訳で、お情けでつ連れて行ってもらって嬉しいのか

そこのところの感性は、自分と岡田監督とは違いますわね。

岡田監督は、W杯直前のキャンプの場でも、娯楽設備のあるところを入念に探していましたし、そういう考えにも通じるものが、今回のニュースにありますね。

W杯4強などという空疎な目標を掲げるより、勝ち点1すら取れないで帰って来ると恥ずかしいと思うような感性であって欲しいです。
恥ずかしい試合をしてはいけないと考えるのなら、余分な選手を連れていく暇などないと思うのでしょうけど、どうなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

規律が崩れたチームでは勝てない

今日の韓国との試合後の岡田監督の話は、興味深いですね。
新聞に載っているものを掲載してみると

・ 収穫はいろいろな選手を試せたことだけ。課題はこれまでと同じところで。徐々に良くなっている

問題はですね、当初からいろいろな選手を試す目的で望んで、この結果ならば良いのですが、香港との試合ですら、現時点のベストに近いメンバーでガチに勝ちにいったくせに、それはないでしょうということなんですよ。

W杯半年前でも、新戦力をチェックするというのは、どうなのかとも思いますけど、監督がそういう方針であるならば、仕方ないとも言えます。
しかし、東アジア選手権では、中国に思った以上に苦戦し、最初東アジア選手権を勝ちにいくと行った手前、それ以後ガチガチになって、最後の韓国戦では、退場者が出て、仕方なく控え選手を使わざる得なくなった。それだけです
つまり状況に思い切り流されてしまっただけということです。
それじゃ代表合宿などせずに、選手たちも、それぞれのチームで調整した方が、遙かにましだったということになります。

それと、点が入らないからと言って、デフェンダーが前戦に駆け上がるサッカーというのは、どうなのかとも思えますわね。
これも、岡田監督が、そういうチーム構想でそうしていたら、問題は少ないと言えるのですが、選手たちが勝手にやっているみたいなんですね。

余りにも、行き当たりばったりになり過ぎだと言えます。
つまるところ、勝ちが無さ過ぎて、点が入らなさすぎて、チームの規律が緩んでしまっているといことなんでしょう。

こういうことも言えそうです。
W杯本番で、初戦、第二戦のカメルーン、オランダに対して、極力点を取られないような戦い方かたは、選手たちに必ずしも支持はされていない。
フラストレーションが溜まっているのだが、監督に不平を言うと、W杯メンバーから外される。

協会は、このまま岡田監督で行く方針みたいですけど、これだけ危険信号が灯っているのに、続投になれば、本番で惨敗となれば、協会に批判は集中するし、協会幹部は総辞職するべきでしょう。
一方、監督を変えて、本番で惨敗した場合は、少なくとも協会は、最善の努力はしたということで、それほど批判を受けないと思うので、いろんな面から考えると、監督更迭が妥当でしょう。

それに、ぶっちゃけ言ってしまえば、岡田監督以外、誰が監督しても、ファンは納得するくらい、今の代表は期待されていないというのが現実なんですね。

除々によくなっている」と岡田監督は言っているけど、どこが、よくなっているのかさっぱり分からないですよね。
明らかにドイツW杯の時から、チーム力は落ちてるじゃん。
岡田監督の目からすれば、ドイツW杯のチームより強くなっているとしても、ブラジルに惨敗したあのチームから、どれだけボトムアップしているのだ。
コアな選手は同じだし、あっと驚くような進歩もないのだしね。

どれだけポジティブなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本は韓国に1対3で負けたらしい

宮崎は、日本対韓国の試合の中継が一切ないので、どういう経過で負けたのか知らないのですけど、完敗だったらしいですね。

闘莉王がPKを取って、そして一発退場したらしい。

危機感に煽られての行動なのでしょうけど、チームの規律というものが崩壊している証拠でもありますね。

今からWへ向けて、立て直すのは難しいでしょうね。一番良いのは、監督更迭なんですけど。できるでしょうか。

W杯4強なんて夢のまた夢だということは如実になってしまいました。またまた思い出作りですね。岡田監督を更迭しないのなら、三浦カズを代表に呼んで上げてもいいのじゃないでしょうか。日本サッカーの功労者ですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本対香港戦を観て

日本対香港戦を観た。

自分の住んでいる宮崎はチャンネル数が極端に少ないところで、今晩7時では、ニュースかサッカーか、どちらか観るしかないのですわね。

なので、サッカーの試合を、ついつい観てしまうんですよ。
他に観るべきものがあれば、他を観ます。今日も8時からは他のチャンネルにしました。

この試合でも、なかなか点は入りませんでしたね。
闘梨王が上がりまくっていました。
気持ちは分かりますが、そこまでしゃかりきになる必要性は、観ていて感じなかったのだけど、どうなんでしょう。
他、観客の不入りも気になりました。

W杯前の中途半端な時期に、中途半端な相手と試合をするなら、どこぞの高地に引き籠もって秘密練習に明け暮れた方が、実になるのじゃないかしら。

そしてこういうことを思いだした。
岡田監督は、コンフェデ杯の視察で南アフリカに行ったときインタビューで、一月以上の合宿はストレスが溜まるので、合宿地としては、娯楽設備の整ったところが望ましいなどと答えていたが、
それは本末転倒でしょう。
弱いチームが厳しい合宿をするのは、日本の普通のスポーツ部では当たり前。
娯楽設備があり、環境の良いところでは、強くはならないと、日本の昔の指導者たちは考えたはずなんですけどね。

ヨーロッパや南米のチームは、現在厳しいクラブチームのシーズン中で、このままの勢いでW杯へ突入できる利点はあります。
一方、日本のJリーグでは、選手たちは、怪我を気にしながら、欧米よりも厳しくないリーグ戦を経てW杯に望むことになる。

コンディションの面でも、ぼろ負けなんじゃないかしら。

北朝鮮チームみたいに、東アジア選手権を欠席して、どこぞの高地で秘密練習。
こちらの方が合理的判断だし、W杯で旋風をもたらすのじゃないかしら。

畢竟、本番の試合では、これだけ辛いことを我慢してきたのだから、これだけ練習したのだから、そういうものが一番為になるのじゃないのかな。
温いポジション競争に終始しているだけみたいな、今の日本のチームのやり方では、おそらく世界には通用しないでしょう。

もちろん根性練なんていうのは、非合理的だというのは分かっているつもりだし、今の若者はそういうのは忌み嫌っているのも分かりますが。
代表監督が、W杯期間中の気分転換の心配を事前にするチームというのには、逞しさを全然感じません。
女子レスリングチームとかの、五輪前の地獄の合宿とかを、少しは参考にしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツは意外性を追求するものだ

先ほど、岡田監督のやり方は、素人にもバレバレだと書きましたが、
では、どうしたらいいのか言うと、難しいのですわね。凡人には分かりませんわね。

でも、意外性を追求しなくてはいけないとは分かりますわね。普通に行ったらW杯は全然通用しない。
体力の劣る日本は、パワープレーでがんがん相手を消耗させるやり方もできませんし。

相手より人数を多くなる場面を作るというのも方法も一つです、これは日本のチームも必死に追求しています。走り勝とうとか言ってね。
肝心な点を入れることが出来るプレーの追求は、これというものはないみたいだ。

これに対して、世界の強豪チーム、スタープレーヤーたちは、その秘密は分かっているみたいだ。
そこのノウハウをなんとか、ということで、是非日本の監督に海外の有名監督をと思う訳なんだけどね、なかなか招聘できませんね。
W杯前限定半年くらいということなら、来てくれる可能性があると思うので、今からでも遅くないので、協会は有名監督の招聘に尽力するべきだと自分は思う。

自分ではできても、人に伝えることが難しかったジーコ監督のような場合もあるけど、有名監督招聘は良い結果をもたらす可能性は高い。

日本人が考える可能性が、行き詰まっているのは明かですわね。
意外性よりも、ロジックで可能性を追求している姿は、痛々しい。

W杯で走り勝つと言っても。走れることなんてW杯に出るチームにとっては、前提条件に過ぎないのだしね
ドイツW杯でも、熱さの中、日本は走り負けない。とか言っていた
確かに走り負けはしなかったかもしれないが、走り勝ってはいなかったとは言える。

現監督自身が、走り勝とうなんてことを言っているチームでは、前途は暗い。
これは行き詰まっている証拠なんだから、監督交代というのが、日本チームの為と言えると自分は考えます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が岡田監督がダメだと思う理由

自分が岡田監督ではダメだという理由は、多くの人に支持されていないということに尽きます。でも、それは答えになっていませんわね

つまるところ、日本のサッカーを見ても元気が出ないんですよね。

やりたいことが素人にもバレバレなんですよ。カメルーンかオランダどちらかにに対しては、勝ち点1狙いで、最後のデンマークに勝って予選通過を狙う。

非力な日本にとっては、それが最も良いやり方なのかも知れない。

このやり方は12年前のフランスW杯で、岡田監督が行ったことと同じことなんですね。アルゼンチン、クロアチアという強豪に対して、デフェンシブに行って負け、最終戦のジャマイカにおいて、いざ点を取りにいったら思うようにいかなかった。

今回のW杯のデンマークはデフェンスが強いと評判のチームであり、得点力が無い上に、W杯前ずっとデフェンシブに戦っている日本が、デンマークから得点を上げられるとは普通は思えません。

もちろんカメルーン、オランダに攻撃的に行って負けてしまえば、それで終わりなんですが、果敢に点を取りにいく姿勢で臨んでいけば、最終戦のデンマークから点を取れる可能性は、より高くなると考える方が普通ではないだろうか。

折角の、ベネズエラ、中国戦というテストする場で、上手く守れたから評価するというのはでは、岡田監督が考える日本チームの到達点を低く評価している証拠ではないかしら。

昨年度、南アフリカで行われたコンフェデ杯を岡田監督自ら視察に行ったらしいのだが、何を見てきたのか。

この大会でイタリアは、予選で敗退したのだが、負け試合の点を取りにいった時のデフェンスラインの押し上げが物凄かった。ギリギリまで上げていて、相手に裏を取られもしたが、そのチームの限界点を試しているかのようだった

イタリア他の強豪チームも、いろいろとチームの可能性を試していたようだった、ブラジルはカウンターのスピードを測っているかのようだったし、スペインは控え選手を試していた。

つまるところ、それぞれのチームの限界点を探っている姿勢が見られた。

それに対して日本は、相手に攻撃が移れば素早く全体が守りの体勢になり、相手の攻撃の芽を素早く積むのを主眼にしているようだが、

相手に有利な体勢で攻撃をさせれば、どうなるのか。というテストはしていなかったし、ここまで上げれば、やばいという地点までデフェンスラインを押し上げもしなかった

本番で予想されるケースでのテストは、していなかった

どうして限界点を見極めるテストをしないのか、敗戦が怖いのかしら。

ベネズエラ、中国というチームはW杯には出てこないチームであり、そういうチームの攻撃の芽を素早く積む練習をしても、テストにはならないでしょう。

デフェンスラインの押し上げが中途半端だから、今回の試合でも、いざ点が欲しいとなったら、相手に負荷が全然かからなくて簡単に守られた。

選手は、W杯に出たいしサバイバルだから、監督が望む動きをしようとする、その結果が、ストレスの溜まるテストマッチということになるのでしょう。

監督に責任があると言えますわね。

減点法で、自分の望む戦術に適応する選手を起用するのは構わないが、岡田監督のやり方では、W杯本番では点を取れるような気はしませんわね。

それと、もう一点おかしいと思うことは、

これは岡田監督に限らず、北京五輪の監督もそうだったのですが、選手のテストばかりしてしまうことですね。

強豪国と言えども、肝心な試合に出てくるメンバーはほぼ固定されている訳だし、その固定メンバーがいなくなると、そのチーム力はガクッと落ちる。二本目のチームなんて必要はないと言えますわね。

控えは重要ですが、このポジションの控えの控えを探す必然性は、W杯の直前期には必要性はありませんわね。

まずレギュラーを固定し、そのメンバーの修練を第一とするべきでしょう。

日本としては、W杯において、ヨーロッパ組が、攻撃陣の先発になるのでしょうから、本当の強化は、ヨーロッパのクラブチームのシーズンが終わってからと考えると仕方ないとも言えそうだけど、だったら、この時期に代表の試合は必要はないと言えるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本対中国戦について

東アジア選手権の日本対中国の試合を観た。
ベネズエラ戦に続いてスコアレスドロー。

ストレスの溜まる試合でしたが、岡田監督曰わく、良い方向に向かっているらしいのだけど、そういうのを虚言と言うのでしょう。

南アフリカW杯は、選手たち、監督等の思い出作りでも、いいと思うのですけど、それだったら、一回W杯で指揮した監督よりも、違う監督でもいいんじゃないのかしら。

今更、地団駄踏んでももう遅い時期でもありますしね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本対ベネズエラ戦を観た

自分の住んでいる宮崎はテレビのチャンネルが民放が2局しかなく、7時からはTBS系のニュースをしているので、選択肢が限られてしまうんです

今日、何気なくチャンネルをつけたらサッカーの日本代表対ベネズエラ代表の試合をしていた。
日本が弱いのか、それともベネズエラが強いのか
さっぱり分からないような試合でしたね。

でも、これだけは言えそう。
ベネズエラサイドとしては、しっかり守れば日本に点を入れられない自信はあるであろうと。

自分は、日本代表が、どうが行き詰まっているのかは不明なんですが、前半無得点なのに、後半に同じメンバーを投入したのは拙いでしょう。

色々なメンバーを試すという意味があれば、この結果も仕方ないかも知れないでしょうが、現時点で組める最高のメンバーとして出した先発メンバーが、点を取れないとしたら、根本的な改革が必要になるのじゃないかしら。
監督更迭、代表メンバー一新。
それぐらいのことをしないと、本番のW杯は、また思い出作りにになるでしょうね。

犬飼日本サッカー協会会長が、「あんな試合、言うことはないよ」と、険しい表情でコメントしていた。
しかし犬飼会長が岡田監督に任せた当事者なんだから、責任もありますな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ対ブラジル戦について

ブラジルの大逆転勝利でした。

この試合は、前半はアメリカが2点を先制したのですがねえ。
後半は、ブラジルの攻勢一方でした。
アメリカは前半と後半は全く変わったかのようでしたし、ブラジルもそうでした。

終わってみれば順当でしたね。

前半のアメリカの戦い方は、日本とか強豪国でない国には、示唆が大きかったですが、後半もそうだったかも。

アメリカは2点先制しても、前半はまだ攻めており、どっちらがブラジルが分からないようでもあったのに、後半はどんどん崩れていきましたね。
メンタルな部分が大きかったのかなあ。

ブラジルは、やはり強いということなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧