リアルクローズについて更に考える

この前NHKで放送していた東京カワイイウォーズは、衝撃的な内容だった。
南九州に隠遁しているので、世間はどうなっているのか分からなかったが、世間はここまで来たのかという内容だったね。
でも疑問が湧いてくるんだなあ

かわいければいいのか?

年配の者には、とっかかりがないのだ。
どこをどうすれば理解できるのかが、感覚的なものが全てで、ある意味若者全体の雰囲気で全て決定されている。
これでいいのか
その流れにいれば、ああそうそうというものはあるのかも知れない。
これは萌えという概念に通じるものなのだと思うけど、ちょっとそこを離れると、微妙にずれる。このずれるというところは分かる。

何で、日本人は、こんな微妙な曖昧な感性しているのだろうか
日本の昔の文化も曖昧さ微妙な感性を本にしたものが多いような気がする
昔も今もこんなところは継承されているみたいだ。

ディーラーの大人は敢えてこの流れから距離を置き、その中にいる若者に丸投げしている。
大人たちは賢く商売しているわけだね。

今の若者たちみたいに好きなものは好き、何が何でも好きという態度をとるのは、素晴らしいと思う。
伝統的な価値観、例えば良い大学に行って良い会社に入るというのは、まだ有効であるとは思うけど、
でも、このように自分の好きなものに囲まれて生きるのが一番だというような生き方もこれからますます重要なファクターになっていくのだろうね。


ただ、リアルクローズを理解するより、伝統的なファッションモードを理解する方が分かりやすいのは事実ではないかな
シャネルやエルメス、グッチなどのモードはそれぞれ個性があり、それらの個性を理解した上で好きになって身につけていくというあり方の方が、はっきりとした個性があるだけ分かりやすいのではないかな

これらのものは高価であり若い女性では手を出せないものならば、もっと若者向けのモードもあるし、そういうものを理解して身につける方がいいのではないのかな
かわいいという感性だけでは、なかなか本当の個性は生まれるものではないのじゃないかな。

微妙で曖昧な感性と明確な個性のせめぎ合い。
こういうことの折り合いが上手くつけることができれば、東京が世界のファッションの中心都市になれると思ったりするのだけど
このように自分は考えていたりするのだけど
どうなのかな、

| | コメント (0) | トラックバック (2)

東京カワイイ☆ウォーズについて

この前テレビをつけていたら、東京の若い女の子のファッションの特集していた。
自分は南九州のど田舎在住なので、ある意味目を白黒して見入ってしまった。

リアルクローズか
初めて知った。自分の不明を恥じるべきかな
結構ファッション好きで、ファッション通信や、パリやミラノのコレクションなんか楽しくみているつもりだったが、この若い女の子たちの貪欲な消費意欲には恐れ入った。

自分みたいなおやじから見たらエイリアンそのものだ。

伝統的なファッションデザイナーのコシノさんの、このような新しいものばかり追うあり方に批判的で、
作品を練り上げ、自分らしらの追求をすることが大切で、ものまねをし、コピーをしていくことをビジネスのするのは、本当のビジネスなりえない。
という意見に同調しているが、そのように考えただけでは理解しえないものもあるのではないのかなとも思った。

そして次の2点について考えた
まず若者たちは、取り敢えず作って走る。その後で考えるというあり方は、間違いではないと思った。
厳しい競争にどっぷり浸かって、その中で走り回った者は、その後の人生で何かしら大事なものを掴むはね。この中でばかり居続けることはできないのだから、違うステージに進んで、才能のある者はこれからも何かを発信していくに違いないと思う。
だから、どっぷりこの中で動き回ることはいいことなのではないのかな

もう一つ考えたことは、
消費者の質の変容だね。
経済というものは、消費する者がいなくては、生産が成り立たないものであるのだから、物が有り余った現代日本で、伝統的な生産のあり方も変わらざる得ないよね。
ニートとやフリーターとかいって、大人たちがバカにしている者たちも、たくさん消費し、新しい消費のあり方を知っていることで、社会では有為な人材だ。
買うものがない状況で、ため込むことしかできない者に代わって消費をしてくれる。
社会に多大な貢献をしてくれるということだよね。

会社人間になるしかない能のない男たちに代わって、貪欲に消費をできる女の子たちは、この社会の中では王様であり無敵だね。
揶揄みたいだけど、自分は真面目に貪欲に消費できる、ここでの消費は新しい物、自分の好きだと言えるものに思い切ってお金を使える者は、才能ある者だと思っている。

日本は、既に先進国なのだから、世界に先んじて消費するスタイルを確立することは、将来を明るいものにしていると考えるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファッションファッション

06211991 ファッションファッション  山田詠美 ピーコ  講談社

これはファッションについて書かれた本だけど、主に町の人のファッションについて毒舌したもの。テレビのピーコのファッションチェックの活字版だね。

こういうものは、テレビでみると面白いけど、活字になり、それも3年前の出版の本ということでは、面白くないねえ

ピーコのファッションチェックは好きで、毎週録画して見ていたけど、今思えば、そんなにたいしたこと言ってなかったのね

町のしもじもの庶民のファッションなんて、駄目なのは分かり切っているのを、何年も同じことを語り続けても、よく考えると意味あることではなかったのかもね

この本では、ピーコさんより、山田詠美さんの方が面白かったような気がする。トラディショナルが分からなければ、崩しも分からない。とかね

ピーコさんの言葉では、

今の若い子が間違っていると思うのは、汚い顔なのに汚い格好をしていること。着崩すというのは、ブラッド・ピットみたいに、きれいな人がやるのが前提

・お洒落って、欠点がいちばんの長所になるのだから。恥ずかしいと思うことを、優越感に変えられるかどうかでセンスが決まるの。

とかが印象に残ったね。

汚い顔とか言ったら、日本人は、ほとんどそうなのだから、おしまいだよね

まあ。町の草野球を論じているような本なのだから、もっと愛情を持って論評して欲しいよね。

思う存分論評してもいいのは、本当のプロの世界だと思うのだけど、パリとかニューヨークとかミラノとかね。そういった所を真剣に論じようとするのは、自分の美学が試されるし、しんどいから、町の姉ちゃんやおばちゃんを相手にするのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファッション通信を見て

テレビのファッション通信をみていたら秋冬ミラノコレクションしていたね。パリに較べたら商売に走っているね。でも、外れがないような気がする_049

まずD&Gは、白主体で、雪が降るスキー場の小道をイメージしたらしい。

白一色のピュアな世界から、少し色を取り入れていくところが、おしゃれと思ったね。かわいいさを全面に出した感じかな

自分が気に入ったのは、MOSCHINOとETRO

まず、MOSCHINOは、スコティッシュファッションで、個別のものがうんぬんはあまりないけど、全体的な感じは自分は好きかな

_095

_120_1 _126 _133

      

それと

最後のETRO。これは16世紀の宮廷衣装をイメージしたもので、現代的にアレンジしているけど、ちょっと間違えればおばさんがよく着ているものになりそう。自分は、この緑色の衣装が好きかな

_150_3 _178 _279 _289 _347

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ・コレをテレビで見て

日曜日パリコレのテレビでしていたのを録画した分、ようやく、今見たので感想書きます。

パリコレもパワーブランドというところは、もう大人しくなっているみたいだね。ただし、クリスティアン・ディオールを除いてね。

でも、ファッションは楽しいね。なんでこんな面白いものゴールデンタイムで放送しないのか謎だね。

個別の感想は、やはりこの中ではクリスティアン・ラクロワが自分は気に入ったね。ラクロワ自身の原点に帰った南フランス、闘牛士の格好を取り入れた服はよかったと思うね。

テレビの画面を無理矢理デジカメで写してみました。上手く写ってないけど勘弁してね

_065

オープニングは真っ赤な衣装。これは、ラクロワの故郷南フランスの太陽を模したものらしい。

  このモデルさん有名な人なのかな、この後もでてくるね。

_335_2

           これは、_319闘牛士を模した服

 黒のシルクと金の刺繍が似合っているね。

 自分はこの服好き 

       _371         _378    

 次ぎは、18世紀のビンテージスカーフをつないだ服らしい。このモデルさんかわいいね

              _093                                    これは、モスリ ン_064のベビードレス  このモデ_085ルさんは、オ ープニングの人と同じ、余りにも、足が細いので、びっくりしてしまった。

             

     _286      最後は、クリスティアン・ディオールのジョン・ガッリアーノも貼っておこう。

この人、モデルではなく、デザイナーです。

まあ、他にも一杯書きたいことあるけど、いちいち写真撮って、貼ってみないとよく分からない世界だしね、今回はこんなくらいにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)