最後の最後で抜かれた

女子団体パシュート決勝は、残念でした。これこそ残念なのかもしれないですね。

100分の3差で負けましたね、残り一周で負けてしまいました・

しかし快挙なので、銀メダルおめでとうございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅田選手は残念でした

キム・ヨナ選手のフリーの得点は驚愕の点数でした。
文句のつけようのない素晴らしい演技でした。
ただし、点が出過ぎですね。
次回の五輪は、反動があるかも知れないですね。

浅田選手は、少しミスがありましたが、チャレンジしてのミスですから悔いはないでしょう。
今シーズン当初は、勝負にもなっていない状態から、ここまではい上がってきたのは立派でした。
次回の五輪頑張ってもらいたいものです。

安藤選手も素晴らしかったのですが、思いの外点数は出なかったですね。
そこのところは疑問に思いました。

鈴木選手も見事だったですけど、最終エントリーのメンバーの前だったので、目立たなかったのは残念でした。

自分としては、フラット選手の演技が好きでしたね。
若々しくて良かった思いました。曲目はラフマニノフの「パガニーニの主題による変奏曲」。この曲は自分は好きなんです。浅田選手は、同じラフマニノフならこの曲で演技して欲しかった。

日本全国嬉しさと失望感が入り交じった感じですね。
自分も見ていて疲れた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このままではロシェット選手が勝ちそうだ

女子フィギュアでは、テレビ等で浅田選手とキム選手のライバル対決についてさかんに報道しています。

が、一位と二位の差より二位と三位の差の方が小さいということに論及しているものは少ないですね。

キム選手のプランでは、ショートで圧倒的に引き離して、フリーは余裕の演技で金メダル。というのを描いていたようですが、思いの外点数が離れていないので、フリーでもしっかりした演技が求められます。演技順も当初から最終グループの最初の方でプレシャーをライバルに与えるという方法だったのでしょうが、ライバルにプレシャーはそんなにかかっていない模様です。最後に滑って、ライバルの滑りをじっくり観察しても良かったのかも知れないですね。

浅田選手は、キム選手の次ぎに滑るという選択をしました。今回の五輪に挑む浅田選手の意気込みは積極的ですね。浅田選手にとっては、ライバルは関係なく自分の演技に集中ということなんでしょうね。

キム選手も浅田選手も演技の構成を落とす訳にはいかない順番ですし、二人には過大なプレシャーがかかっており、ミスをする可能性が高くなっています。

このことは、その後滑るロシェット選手には、格好のチャンスだと言えそうです。

自分は、漁夫の利をロシェット選手がさらいそうな気がしてならないのですが、どうなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の五輪フィギュアの採点基準は、こうなのだから仕方ないでは

今回の五輪の採点基準が酷いとは、よく巷で話題になっていますね。
自分の考えは、世間と少し違っております。

違っている点は、今の採点基準は、カナダ選手に有利になっているに違いないというもので、キム・ヨナ選手は、その状況を敏感につかんでいるということですね。
五輪は、開催国有利になると言うのは、暗黙の了解だし、そういうものは大なり小なりあるでしょう。
ただし、その程度が露骨か露骨でないかの違いに過ぎませんわね。

金メダルが是非とも欲しいと言うのなら、トリノ五輪が終わった後、カナダ人コーチをつけるべきで、そうすれば、どうしたら高い点数が出るかということが取得できるでしょう。
それに、今の採点基準の傾向は、昨シーズンのグランプリシリーズで明らかになっていた訳で、その点は公平であると言えます。

4回転を跳んでも決め手にならないとは、事前に分かっていたので、多くの選手は無謀な選択をしなかった。
それでも挑戦し、結果がしかるべきだったのは、残念だったとしかないですね。
自分個人としての感想は、プルシェンコ選手の演技は、4回転以外のところも、いろいろ議論がありそうなもので、様々な人の意見により、いろいろな捉え方があるようなものでした。

日本選手も、今回の採点基準ではこうなのだというなか、あえてそういう潮流に逆らって、自分たちの出きること優先という選択肢をした訳ですから、それでも金メダルを取るのは難しいのは仕方ないでしょう。。
であるから結果は、期待したものにはなり難いでしょう。(暗黙に浅田選手の金メダルは困難だと言っているつもりです)

日本人は、何事も、特にスポーツの世界では、詰めは甘いと言えるでしょう。
その一方で、結果追求よりも美学というものを大切にする美徳があると思います。
対して、韓国の選手は、勝負に貪欲です。勝つための準備が万全ですね。
そこは、見習うべきか、それともこのままでいいのか、よく勘案するべきだと思いますね。

自分個人は、スポーツに余りにも勝ち負けを過度に持ち込むのは、きではありませんので、今のままの屁たれなスポーツ界でも良いと思います。
それに、潔いのは、悪いこともありますけど、あっさりしていていいものでもありますしね。

昨今のスポーツ界で起きた出来事は、朝青龍問題でもそうなんですけど、日本人のスポーツの見方という点で繋がっているような気がします。
若い世代は、屁たれでいいじゃん。では納得しないでしょうから、世代間対立の問題もあるのかも知れないですね。
いろいろ変わっていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬季五輪は種目を増やしすぎでは

冬季五輪は、予想では日本勢の苦戦とのことだったのですが、その通りなんですけど、
思いの外楽しめているとは言えそうです。
現在は女子フィギュアの話題で、持ちきりですしね

ただ、余りにも競技が増えて、理解できない種目も多いと言えそうです。
スノーボードクロスとか、スキークロスとかは、ある一定以上は、偶然が支配する要素が多そうだし、日本の選手も活躍したモーグルは、予選を通れば一発勝負。果敢に一か八かで飛び出すと、もしかすると僥倖があるかも知れない競技でした。
リュージュとかでは、開会式前に死亡事故があったりしたこともあり、コースの手直しがあったみたいですが、それでも危険なコースであったみたいだ。

いろいろ釈然としないところが散見された。

自分としては、別にオリンピックでしなくてもいいじゃんと思った。
スノーボードハーフパイプとか、クロスゲームはXゲームという大会があるのだから、そちらを主にすればいいのじゃないかしら。
それに、こう言ってしまえば暴論になるかも知れないが、伝統的なアルペンスキーとモーグルとかクロスゲームの金メダルの価値が等価であると思えないです。
これから発展する競技だし、数十年後においては、人気は逆転しているかも知れない可能性はあるにしても、やはり釈然としないですね。

日本勢は、一部を除いて大概の競技も芳しくない成績だったので、尚更そのように考えるのかも知れないが、どの競技にも参加をしなくてはいけない謂われはないですね。
出たい人は手弁当で参加。それでいいのじゃないかしら。

ジャンプ、フィギュア、スピードスケート、ノルディックスキーとかの競技以外は、自分でスポンサーを募ってやればいいにじゃないかしら。
これは別に事業仕分けうんぬんじゃなくてもね。

思い出作りの参加も意義があるし、選手には十分楽しんで競技にも参加して欲しいしね。
その一方、世界に互する選手には、十分な競技費用を出させて欲しいね、
フィギュアスケートの選手は、お金がかかるらしいので、特に重点的に費用を出させてあげたいものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子フィギュアについて

とんでもないレベルの高い戦いですね。

見ていて疲れますね。凄いエネルギーの放射がそこにありますね

上位3人に絞られたみたいですが、フリーでは浅田選手に頑張ってもらいたいものです。

浅田選手には頑張って欲しいですが、キム・ヨナ選手は強いですねえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりアマン選手は凄かった

ジャンプのラージヒルを見た。

アマン選手の圧勝でした。

一人だけ違う競技の選手でした

葛西選手も頑張りました。良かったですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋選手頑張りましたね

高橋選手銅メダルを獲得しました。おめでとうございます。こんなにレベルの高いライバルたちがいての銅メダルは価値があります
4回転ジャンプが成功していたら、金メダルだったかもしれないですが、4回転に挑戦したことにも意義がありましたね。その心意気にも感動しました。

金メダルは、ライザチェック選手。プルシェンコ選手選手との差はわずか、4回転を飛び、目立ったミスがなかったプルシェンコ選手が負けというのは物議になりそうです。

総じて、五輪本番は、点数が出にくい大会でした。小塚選手の演技とかも、もっと高い点が与えられそうだったですしね。

オリンピックって本当に良いですね。
本当に感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子スノーボードハーフパイプを見た

スノーボードハーフパイプは、トリノ五輪と同じような展開でした、アメリカ勢が強かったですね。特にスーパースターのショーン・ホワイトは別格でした。一回目で決まってしまいました。

日本勢は、果敢に攻めていたので良かったんじゃないでしょうか。世界との差というよりホワイトとの差がかなりありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子フィギュアスケートの高橋選手の演技を見た

高橋選手のショートプログラムの演技は良かったですね。

得点も、あのプルシェンコに迫りました、どんだけ凄いんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧