« 2010年3月 | トップページ

我が家の菖蒲が咲きだした

3735_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぶやき

口蹄疫問題は、漸く全国的な話題になったようです。
この問題は、発覚当初から、地震とか台風とかの深甚な災害と同種のものであり、担当大臣が現地に赴いて、現場の声をまず聞く。
そういう当たり前のことを怠ってしまっているので、今更責任が自分には全くないと強弁すること自体、おかしい。
他、口蹄疫の感染した牛を食べて、流通させてもいいのではないか。などということを言う評論家がいて、それが全国放送で流されている。
異常な事態が続いています。
東国原知事をどうしても批判したい人もいるようですが、そういう人は、この問題が発生した日からの知事のブログを読んでみて、それでも同じことが言えるのかどうか、思い返してみたらいい。

世の中に、身勝手な人がこんなに多いのかと驚いてしまいます。

この問題の根底には、地方への蔑視があるように思えてならない。
宮崎の畜産がダメでも、他に畜産が盛んなところがあるからいいのじゃないか。
お笑いタレントを抱く県などは、所詮レベルの低い奴らだから、どうなっても構わない。

人間というものは、本質的に身勝手な者です。
それをあからさまにするのは、恥ずかしいから、しないだけとも言えます。
そういう赤裸々な側面を垣間見られたのは、個人的には面白かった

政治の貧困、身勝手な庶民。
ギリシャとかタイの暴動との同質性を感じます。
噴出している現れ方が相違しているだけなんでしょう。
所詮、他人事です


自分の住む町は、牛の方が、人間よりも多いところです。
それだからなのか、町政運営におかしいところがあるんですね。
牛主権というか、牛中心に町の運営が行われているようです。
今の町長も獣医出身だし、畜産関係者が町政を牛耳っています。

畜産関係者ではない自分などは、頭にくることが多いのですが、
畜産関係者がエネルギッシュであると認めなくてはいけないんです。
彼らは、真面目に日本一になろうと考えて行動しているんですからね。
より良い牛の育成を、日々真剣になって日々語らっています。
牛以外に目を向けろよ。と自分は思うんですがね

事件発生した町の畜産関係者も、同種の情熱家たちが多かったと想像できるんですね。
そこが、可哀想というか、やるせなく感じます。
宮崎牛は、松坂牛とかブランド牛の下請けの甘んじている時代が長かった。
そして最近になって漸く、独自ブランドとして認められるようにもなった
それだけに、その鼻息は荒かった。

それが潰えそうになっている状況は、関係者にとってはショックとか言う言葉だけで、語り尽くせないと思います。
たかが牛、豚ではないですね。
日本で一番になりたいと情熱を持って頑張ってきたであろう人なんです。
再び立ち上がれ。
軽々しく言えませんよね。

特に今の政権みたいに、地元を小馬鹿にしているような言葉を使う政府の下ではね。
こういう気持ちは、おそらく全国の畜産関係者も感じていると思う。
和牛もメイドインジャパンなんです。
ウォークマンとかハイブリットカーとかと変わらない情熱を持って頑張った人たちが生みだしたものなんだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日刊ゲンダイの宮崎県と知事に対する誹謗記事について

東国原浮かれ知事に天罰 
口蹄疫大被害と疫病神知事 お笑い芸人失格人間を知事に選んだ宮崎県民に責任があるのに国の税金で救済は虫が良過ぎないか
 どこまで調子がいい男なんだ。これまで散々、民主党を批判してきた宮崎県の東国原知事が、「口蹄疫」の被害に見舞われ、鳩山政権に泣きついている。

 宮崎県を訪ねた平野官房長官に「関係者の無念は尋常じゃない」と訴え、鳩山首相あてに具体的な要望項目をズラズラと並べた「要望書」を手渡した。さすがに、宮崎牛のブランドを支える「種牛」49頭が殺処分されることになり、真っ青になっているらしい。
 残る種牛は、避難させているエース級の6頭だけ。もし、6頭が感染したら宮崎の畜産は終わりだ。鳩山首相は、予備費から1000億円規模を拠出することを決めた。

 しかし、家畜の伝染病対策は法律上、県の責任だ。エラソーに「地方分権」を言ってきたのだから、すぐに国に泣きつかず、自分で解決したらどうなんだ。

 「そもそも、ここまで被害が広がった責任の一端は、知事にあります。公式には、最初の感染牛は4月20日に確認されたことになっているが、すでに4月9日の時点で口蹄疫と疑われる牛が見つかり、獣医が家畜保健衛生所に鑑定を依頼していた。4月9日に対策を取っていたら、ここまで被害は広がらなかったはずです」(県政関係者)
 テレビ出演にうつつを抜かし、片手間で県政をやってきた東国原知事には「いつか重大なミスを犯すのではないか」と危惧する声が強かったが、とうとう宮崎県が破滅に向かいかねない事態が勃発である。 県民からは「チャラチャラ浮かれてきた知事への天罰だ」なんて声も上がっている。
(日刊ゲンダイの記事より)


ネットで話題の記事をアップしてみた。
全国の多くの人が、宮崎県の為に怒ってくれているので、それだけで県民としては嬉しいです。
ありがとう。

ですが、個人的には、怒りは無いです。
なるようにしかならない。ジタバタしてもしようがないしね
もし、口蹄疫発生が前知事の時に起こっていたら、今回の災厄は、もっと大きなものになったに違いないという気はしますし、その点は、宮崎県民でその考えは共有できます。
今回東国原知事で良かったとみんな思っています。中には、知事の対応ではダメだと言うひともいますけどね

口蹄疫発生そのもの発見は困難なものです。最初に発生した農家への同情が、遅れに繋がったとしても、それはあくまで善意で行ったこと。
愚かであったとしても、善意の行為を責めるほど、誰も偉い訳ではないでしょう。
ミスをしない人間はいないのだしね。

事件発生後、4月中に、今のような対策本部を国が立ち上げられなかったのは、どういう意識の元だったのか。風評被害を恐れてなのか。
自分が思うのは、今の政府には、宮崎の畜産業を守ろうというスタンスを感じられなかった。
宮崎県民全体と、そういう考えを共有できると思う。

知事が泣きついたとか、天罰が下ったとか。
そういう卑小な問題でなくなっているのが今の状況だ。

天罰が下って、宮崎の畜産業が絶滅したとしたら、それは日本の畜産業の絶滅に通じるということだ。
今、宮崎の畜産農家の多くは廃業を考えている。
そのまま見捨てるというが、日本人の多くの判断なら仕方ないでしょう。
3Kの辛い仕事を続ける意義は、畜産農家には無いのだしね
そして畜産農家の心は、萎えかかっている。

十分なフォローを、政府が行おうとしないのなら、確実に町が無くなるし、地方も潰える。

政府は、今のせっぱ詰まった状況への意識は皆無なのだろうから、赤松大臣みたいに、ニタニタ笑い、自民党の議員に対して懲罰決議を出そうとしているのだ。
そういう状況を、全て宮崎県の畜産農家は見て、真剣に廃業を考えている。

畜産業が日本から無くなり、外国から安い肉を輸入すれば、それで家計は助かる。
それも、一つの識見だし、そういう判断でも良いじゅないか。
日刊ゲンダイの記者は、是非そうすべきだと言いたいのじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ