« 最後の最後で抜かれた | トップページ | 宮崎に居て不思議に思うこと »

日本対バーレーン戦について

試合の結果うんねんより、岡田監督の「今日は言い訳なしで結果を出せということで始めましたが、結果は出してくれたと思います。」
などというコメントが気になりました。

ガチに勝ちにいったのだが、ホームで、W杯の出場を逃した相手。
勝ち負けよりも、他にテーマを持って望んでいなければいかんでしょうにね。

大差で勝つことを課すとか、デフェンスは控え選手でやってみるとか、
その上て課した結果に評価をどうするのか。

そういう試みは、今日の試合では、海外組を前戦に起用して自由のやらしただけじゃないかしら。
もちろん、監督は、あれこれ攻撃の指示を出したようだけどね。

つまりですね。本番を想定した強化試合になっていないんですよね。
W杯で格上と戦わなくてはいけない訳ですよね。
ぶっちゃけ、退場者をわざと2人ぐらい出して、それでも点を取るのにどうしたらいいのかを試すくらい、思い切ったことをしないとダメなのだと自分は思いますね。

できることを改めて確認しても無駄なんだしね
そういう観点からみれば、できることの確認ばかりしている岡田監督は、どうなのかとも思う。

岡田監督は自分の首がかかっているから、結果が欲しかったのでしょうけど、日本代表のW杯に向けての試合のあり方として、どうなのかは疑問ですね。

自分としては、W杯での日本の予選敗退の予感は、ますます高まってしまいました。
選手の思い出作りですね。
気楽にW杯を観戦できるので、それも良いのかも知れないですね

|

« 最後の最後で抜かれた | トップページ | 宮崎に居て不思議に思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/33622520

この記事へのトラックバック一覧です: 日本対バーレーン戦について :

« 最後の最後で抜かれた | トップページ | 宮崎に居て不思議に思うこと »