« 冬季五輪は種目を増やしすぎでは | トップページ | 今の五輪フィギュアの採点基準は、こうなのだから仕方ないでは »

「岡田監督、W杯に若手数人帯同へ」というニュースについて

岡田監督で南アフリカW杯に望むようです。
全く期待できないのですけど、それが協会の判断なのだから、W杯後責任を取ってもらいたいものです。
W杯一次リーグ敗退後も、岡田監督は視察するということで、南アフリカに滞在しそうですね。フランスW杯の時と同じようにね。

今回のニュースでは、若手選手を帯同させるようです。

自分は、本質的に岡田監督の考えとは相容れない見方をするものなので、若手を帯同させるという考えは、おかしいと思います。
岡田監督が指揮したフランスW杯でも。若手選手を帯同させましたが、その若手選手を代表に呼んでいないことに対して矛盾と思わないのかしら。

高校野球において、甲子園の前日練習で、補欠選手が甲子園の土を持って帰るのとだぶってしまいます。高校生はあくまでアマチュアです。
W杯で戦う選手は全員プロなんですから、そういう特別待遇自体がおかしいのじゃないかしら。
自分たちも思い出作りにいそしむから、そのお裾分けをするかのように写ります。

選手にとって。W杯は一生一度あるかどうかの檜舞台でしょうけど、それはピッチに立ってこそ意義がある訳で、お情けでつ連れて行ってもらって嬉しいのか

そこのところの感性は、自分と岡田監督とは違いますわね。

岡田監督は、W杯直前のキャンプの場でも、娯楽設備のあるところを入念に探していましたし、そういう考えにも通じるものが、今回のニュースにありますね。

W杯4強などという空疎な目標を掲げるより、勝ち点1すら取れないで帰って来ると恥ずかしいと思うような感性であって欲しいです。
恥ずかしい試合をしてはいけないと考えるのなら、余分な選手を連れていく暇などないと思うのでしょうけど、どうなんでしょうね。

|

« 冬季五輪は種目を増やしすぎでは | トップページ | 今の五輪フィギュアの採点基準は、こうなのだから仕方ないでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/33533038

この記事へのトラックバック一覧です: 「岡田監督、W杯に若手数人帯同へ」というニュースについて :

« 冬季五輪は種目を増やしすぎでは | トップページ | 今の五輪フィギュアの採点基準は、こうなのだから仕方ないでは »