« 日本は韓国に1対3で負けたらしい | トップページ | 今回の五輪はゆっくり見られますね »

規律が崩れたチームでは勝てない

今日の韓国との試合後の岡田監督の話は、興味深いですね。
新聞に載っているものを掲載してみると

・ 収穫はいろいろな選手を試せたことだけ。課題はこれまでと同じところで。徐々に良くなっている

問題はですね、当初からいろいろな選手を試す目的で望んで、この結果ならば良いのですが、香港との試合ですら、現時点のベストに近いメンバーでガチに勝ちにいったくせに、それはないでしょうということなんですよ。

W杯半年前でも、新戦力をチェックするというのは、どうなのかとも思いますけど、監督がそういう方針であるならば、仕方ないとも言えます。
しかし、東アジア選手権では、中国に思った以上に苦戦し、最初東アジア選手権を勝ちにいくと行った手前、それ以後ガチガチになって、最後の韓国戦では、退場者が出て、仕方なく控え選手を使わざる得なくなった。それだけです
つまり状況に思い切り流されてしまっただけということです。
それじゃ代表合宿などせずに、選手たちも、それぞれのチームで調整した方が、遙かにましだったということになります。

それと、点が入らないからと言って、デフェンダーが前戦に駆け上がるサッカーというのは、どうなのかとも思えますわね。
これも、岡田監督が、そういうチーム構想でそうしていたら、問題は少ないと言えるのですが、選手たちが勝手にやっているみたいなんですね。

余りにも、行き当たりばったりになり過ぎだと言えます。
つまるところ、勝ちが無さ過ぎて、点が入らなさすぎて、チームの規律が緩んでしまっているといことなんでしょう。

こういうことも言えそうです。
W杯本番で、初戦、第二戦のカメルーン、オランダに対して、極力点を取られないような戦い方かたは、選手たちに必ずしも支持はされていない。
フラストレーションが溜まっているのだが、監督に不平を言うと、W杯メンバーから外される。

協会は、このまま岡田監督で行く方針みたいですけど、これだけ危険信号が灯っているのに、続投になれば、本番で惨敗となれば、協会に批判は集中するし、協会幹部は総辞職するべきでしょう。
一方、監督を変えて、本番で惨敗した場合は、少なくとも協会は、最善の努力はしたということで、それほど批判を受けないと思うので、いろんな面から考えると、監督更迭が妥当でしょう。

それに、ぶっちゃけ言ってしまえば、岡田監督以外、誰が監督しても、ファンは納得するくらい、今の代表は期待されていないというのが現実なんですね。

除々によくなっている」と岡田監督は言っているけど、どこが、よくなっているのかさっぱり分からないですよね。
明らかにドイツW杯の時から、チーム力は落ちてるじゃん。
岡田監督の目からすれば、ドイツW杯のチームより強くなっているとしても、ブラジルに惨敗したあのチームから、どれだけボトムアップしているのだ。
コアな選手は同じだし、あっと驚くような進歩もないのだしね。

どれだけポジティブなんだ。

|

« 日本は韓国に1対3で負けたらしい | トップページ | 今回の五輪はゆっくり見られますね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/33382556

この記事へのトラックバック一覧です: 規律が崩れたチームでは勝てない :

« 日本は韓国に1対3で負けたらしい | トップページ | 今回の五輪はゆっくり見られますね »