« 今の五輪フィギュアの採点基準は、こうなのだから仕方ないでは | トップページ | 浅田選手は残念でした »

このままではロシェット選手が勝ちそうだ

女子フィギュアでは、テレビ等で浅田選手とキム選手のライバル対決についてさかんに報道しています。

が、一位と二位の差より二位と三位の差の方が小さいということに論及しているものは少ないですね。

キム選手のプランでは、ショートで圧倒的に引き離して、フリーは余裕の演技で金メダル。というのを描いていたようですが、思いの外点数が離れていないので、フリーでもしっかりした演技が求められます。演技順も当初から最終グループの最初の方でプレシャーをライバルに与えるという方法だったのでしょうが、ライバルにプレシャーはそんなにかかっていない模様です。最後に滑って、ライバルの滑りをじっくり観察しても良かったのかも知れないですね。

浅田選手は、キム選手の次ぎに滑るという選択をしました。今回の五輪に挑む浅田選手の意気込みは積極的ですね。浅田選手にとっては、ライバルは関係なく自分の演技に集中ということなんでしょうね。

キム選手も浅田選手も演技の構成を落とす訳にはいかない順番ですし、二人には過大なプレシャーがかかっており、ミスをする可能性が高くなっています。

このことは、その後滑るロシェット選手には、格好のチャンスだと言えそうです。

自分は、漁夫の利をロシェット選手がさらいそうな気がしてならないのですが、どうなんでしょうか。

|

« 今の五輪フィギュアの採点基準は、こうなのだから仕方ないでは | トップページ | 浅田選手は残念でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/33536710

この記事へのトラックバック一覧です: このままではロシェット選手が勝ちそうだ :

« 今の五輪フィギュアの採点基準は、こうなのだから仕方ないでは | トップページ | 浅田選手は残念でした »