« 今日も暖かいぞ | トップページ | アイフォンとかアイパッドとか、技術革新についていけませんなあ »

鳩山首相の施政演説は長くて理解し難いものでしたね

昨日はオバマ大統領が議会で演説しているのを、解説した番組を聞いて。そして今日は鳩山首相の施政方針演説を聞いてみた。

オバマ大統領の頭の中には、日本の姿は全くといいほどないのでしょう。こちらが、アメリカ人に心地よいことをばかり言っているようでしたが、日本人としては、果敢にこの経済危機にたいして雇用拡大策を積極的に打ち出すようなことを主張していたのは、羨ましいと思いましたね

一方、鳩山首相は、日本の首相よりも、どこかの大学教授か国連にでも勤めれば、いいのでしょうか、具体的には、日本人の為よりも世界とか地球の為にどうするのかを主眼にしているかのようです。

政治と金という問題がこれほどクローズアップされているのに、そういうは簡単にやり過ごしてしまいました。

この演説を聞いた国会議員のインタビューをニューズが出ていました。

あの小泉進次郎さんが、意外としっかりと答えていたので、びっくり、対してこの前のい選挙で対決した民主党の横粂議員は、この演説を絶賛していました。ごますりをしているのかな。

世界中で批判を受けているオバマ演説でさえ、その主眼としているのを、分かるようなものだったけど、鳩山演説は、お坊さんの説教と同じで、地球人として良き生き方を説いているようなものじゃないのかね

子供手当はどうなっているのだ、ガソリンの暫定税率はどうなったんだ。雇用問題は

凡人には、分かり難いものでしたね

|

« 今日も暖かいぞ | トップページ | アイフォンとかアイパッドとか、技術革新についていけませんなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相の施政演説は長くて理解し難いものでしたね:

« 今日も暖かいぞ | トップページ | アイフォンとかアイパッドとか、技術革新についていけませんなあ »