« ひよどりの子が巣から出てきた模様 | トップページ | 酒井法子覚醒剤事件について »

選挙争点が政権交代というのはどうなのか

いよいよ衆議院選挙が近づいてきました。
自分の住んでいる宮崎のど田舎にも、度々選挙カーがやって来ています。
民主党議員は、勝てるという見込みがある為か、演説にも気合いが入っているようです。

ですが、自民党の失策を訴えることばかりなのと、政権交代の意義ばかりを強調するのは、どうなのかしら。

テレビ等で、報道されるマニフェストについても、自民党と民主党は、それほどの差があるとは感じられないとも言えますわね。

特油税が廃止されそうなことが民主党政権になった場合の。庶民にも分かる大きな違いと言えそうだけど、それを廃止してしまうと、地方の土建屋さんは、立ちゆかなくなるかも知れませんし、都会で車を持っていない人の利点もありませんわね。

そもそも政権交代が、最大の争点となっているのでは、民主党が政権を取ってみないとどうなるかは、国民には分からないとしか言いようはありませんですね。

明らかに前回の自民党の大勝は、おかしかったとは言えそうですが、今度の選挙結果も、数年後にはそう言われそうです。

なんとかならんもんですかね。
どちらの党が勝っても、心配事は多そうです。

が自分は、個人的には自民党を応援したいですね。
今度の選挙では、民主党が大勝するでしょうが、自民党が今度の負けで、新旧交代を進めることができればいいのじゃないでしょうか

|

« ひよどりの子が巣から出てきた模様 | トップページ | 酒井法子覚醒剤事件について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙争点が政権交代というのはどうなのか:

« ひよどりの子が巣から出てきた模様 | トップページ | 酒井法子覚醒剤事件について »