« 東国原知事は出馬を断念するらしいことについて | トップページ | 我が家の百合が咲きだした »

キリンとサントリーが統合というニュースについて

キリンとサントリーが統合への協議を始めたらしい。

どちらも、多額の広告費をテレビ局等へ注いでくれる会社ということもあり、テレビ等は、NHKとかも好意的な報道に終始しておりますね。

自分などは、単純に独禁法とかも思い浮かべるし、もともと寡占状態だった洋酒業界、そして大手が4社しかないビール業界などには、負の影響の方が強くなるのじゃないかと思ったりしますね。

サントリーもキリンも、お茶からソフトドリンク、焼酎、梅酒、ウィスキーなんでもありの会社です。高級なものから低廉なものまで揃えている会社同士です。

ある意味、正体不明な会社同士とも言えそうです。広告費をふんだんに使って高級な酒のイメージを消費者に与える一方、アル中を幇助しているかのような格安なウィスキーも造っていたりもします。

熊本のJリーグのチームに、焼酎メーカーが広告を出していたことが問題視されてていたこともあったような気がしますが、大きい会社は無問題でいいのかと思ったりもします。

日本の酒税法では、ウィスキーの原酒割合が10%あればウィスキーとして売ることができます。あとの90%は得体の知れないアルコールを入れてもいい訳です

他、得体の知れない発泡酒、第三種のビール。国際的に意味不明なものも造っております。

寡占化か進めば、益々得体の知れない飲み物をどんどん造っていくに違いないような気がします。それは伝統的な酒の習慣の破壊とも言えますし、新しい消費スタイルの創造とも言えますが、どうなんでしょうね

日本の大手メディアがダメなところは、広告費という人質を取られていることで、酒造メーカーに対してネガティブな報道が一切できないことでしょう。

酒というのは、文化事業でもあるに違いないのだから、大きくなったからといって、メリットがあると感じないとも言えますし、外国に売りに行っても、そんなに売れそうにありません。

|

« 東国原知事は出馬を断念するらしいことについて | トップページ | 我が家の百合が咲きだした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/30532373

この記事へのトラックバック一覧です: キリンとサントリーが統合というニュースについて:

« 東国原知事は出馬を断念するらしいことについて | トップページ | 我が家の百合が咲きだした »