« ウィンブルドンテニス杉山対ハンチェコバ戦を見て | トップページ | W杯におけるアフリカ枠拡大について »

浅田真央選手の五輪本番で使う曲が決まったことについて

昨日浅田選手の今年使う曲の発表がありました。

ショートが「仮面舞踏会」で、フリーが「鐘」という曲になったそうです。
「仮面舞踏会」は、昨年度のフリーで使った曲で、一気に日本で有名になりました。
「鐘」の方は、日本人には馴染みはありませんね
ラフマニノフの作曲なんですけど、ラフマニノフのフィギュアスケートで使われる有名曲ではないですね。
タラソワコーチの秘蔵の曲なんでしょうか。

早速動画とかでも、アップされておりますけど、静かな曲だなあという印象しかないですね。
個人的には。もっと動的なものの方が良いと思うのだけど、昨シーズンの配点基準とかを見ると、ポーズをしっかり決めた方が、高得点になる傾向なので、こういう選択になったのでしょうか。
浅田選手には、この曲のフィットして頑張ってもらいたいものです

|

« ウィンブルドンテニス杉山対ハンチェコバ戦を見て | トップページ | W杯におけるアフリカ枠拡大について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/30296779

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央選手の五輪本番で使う曲が決まったことについて :

« ウィンブルドンテニス杉山対ハンチェコバ戦を見て | トップページ | W杯におけるアフリカ枠拡大について »