« W杯についての協会、マスコミと選手の齟齬について | トップページ | スポーツにおいては、バランスある攻撃が一番有効だと思うのだけど »

次戦オーストラリアについて

オーストラリアでは、新型インフルエンザが流行しているらしいので、日本代表サポーターの方々は、自重して、行かない方が良いのかも知れないですね。

日本もオーストラリアもW杯出場が決まってしまいっているので、消化試合の様相を呈してしまいましたね。

オーストラリアは、今回のバーレーン戦とかを見てみると、自国での試合ということもあるので、モチベーションがけっこう高いみたいです。対して日本は、監督、選手の発言は意気盛んですが、モチベーションはそれほど高くないみたいです。

気持ちが盛りあがらないのを、無理して叱咤激励しているかのようです。

W杯のアジア最終予選の戦い方も、オーストラリアの方が内容がありますね。今まで無失点で乗り切っているのは、素晴らしいことです。本来の力をセーブしながら戦っているかのようです。

対して日本は、危うい試合も多かったですね。

冷静に考えれば、オーストラリアに対して、主力抜きで戦わざる得なくなった日本は、相手の無失点記録を阻止を目標とするくらいの方向で、気楽に戦えばいいのじゃないかしら。

例え負けても、いいじゃん。と気楽にやればいいのじゃないかしら。

今回のカタール戦での引き分けで、いらぬストレスを貯め込んでいますし、これ以上ストレスを溜めると、W杯へ向けて、W杯ベスト4とかのスローガンが、空虚なものになってしまうだけでなく、W杯に向けての期待感が萎んでいくでしょう。

監督も協会、マスコミも、日本はもっとできるはずだと思っているから、高い目標を掲げているのでしょうけど、自分はしらけて聞いてしまいますね。

ドイツ杯とキーになる選手はそれほど変わらないチームが、今回のチームでもあるのだから、冷静に考えると、高望みはできません。

それに、ドイツW杯での、ブラジル戦での衝撃は、忘れることはできませんね。

日本が、守備一辺倒を止めてガチンコで打って出たら、どうなるかというのをまざまざと見せつけられました。

あの敗戦は、衝撃が大きかった一方、これからの日本の戦い方についての大きな示唆もある試合だったとも思います。

その時学んだことを次回のW杯でフィードバックできればいいのですけど、どうなんでしょう。着実にステップアップしていっているとは思えないような気もしますね。

取り敢えずは、W杯出場権を得たから、来年のこの時期は楽しめることは確実なんですけど。個人的には一勝してくれたら十分ですけど、どうなんでしょうね

|

« W杯についての協会、マスコミと選手の齟齬について | トップページ | スポーツにおいては、バランスある攻撃が一番有効だと思うのだけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/30050486

この記事へのトラックバック一覧です: 次戦オーストラリアについて :

« W杯についての協会、マスコミと選手の齟齬について | トップページ | スポーツにおいては、バランスある攻撃が一番有効だと思うのだけど »