« コンフェデ杯でいろんな国のサッカーを見て感じたこと | トップページ | 東国原知事何処行くのでしょうかね »

イタリア対ブラジル戦について

この試合の前半は衝撃的な内容でした。

ブラジルがイタリアを圧倒しました。この試合勝たなくてはいけなかったイタリアの意気込みが空回りしました。

アメリカとエジプトの結果は、アメリカが勝ったことで、アメリカが進出となり、なんとアメリカが決勝トーナメント進出となりました。

イタリアは、前半の結果で、エジプトが負けている情報を得てか、後半デフェンシブになった。ブラジルも満足したみたいで後半はゆったり攻めた。前半のスペクタクルが嘘のよう。

ブラジルは、ここにきて光り輝きだしましたね。

ブラジルはセンターバックも駆け上がる、何でもありサッカーで、ゴールを狙うのが、大好き国民ですね。攻撃時は、生き生きしています。余りにそのカウンターが鋭いので、イタリアの3点目の失点は、オウンゴールだった。その一点の差で、決勝トーナメントに進めなくなったのは、感慨深いことですね。

エジプトってなんやねんですね。アメリカにどうして大敗するのだ。訳が分からない。

W杯にしばらく出てこない理由は、こういうところにあるのかしら、南アフリカW杯の予選でも苦戦しているし、謎だねえ。

個人的には、日本はブラジルの方がヨーロッパよりも親和性が高いのだと実感。ブラジルから監督を招いた方が、良いのじゃないかなとも思いました。

ブラジルはコンフェデ杯で優勝するのか。スペインとの対決は、世界中が注目するでしょうね。大変楽しみ。

|

« コンフェデ杯でいろんな国のサッカーを見て感じたこと | トップページ | 東国原知事何処行くのでしょうかね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/30221008

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア対ブラジル戦について :

« コンフェデ杯でいろんな国のサッカーを見て感じたこと | トップページ | 東国原知事何処行くのでしょうかね »