« ドイツW杯以後日本代表に対する疑問に思うこと数々 | トップページ | 歴史秘話ヒストリア 「絶望するな ダザイがいる~太宰治」について  »

日本対オーストラリア戦について

負けちゃいましたね。

悪い意味で予想通りです。無失点を続けていた相手に得点したことにより、一矢を報いたので収穫はあったとは思います。

トゥーリオが目立ちまくっていました、攻守に大活躍でした。主力抜きでしたが、選手は健闘していましたね。こういう試合が選手にとっては一番糧になる試合なんでしょうね。

アジアにおける格付けは、オーストラリアより下という事実を突きつけられた訳ですね。享受すべきでしょう。ここからどう上がっていくかを考えていくべきでしょう。

得点も失点もセットプレーでにしか点がは入らないというのは、象徴的なことだったかも。

相手をしっかりマークして抑えることのできる選手が必要ということでしょう。高さのある選手の起用が必要ですね。やはり、トゥーリオ選手ばかりが目立つようでは、ダメですね。

高さをどうするのか、という弱点をどう埋めるのかが、これからの課題になるのじゃないかしら。それは日本スタイルというのとは、相反するものかも知れませんね。

どちらに柁を取るかでしょうけど、今の監督では、おそらく高さへの課題を抱えてW杯へ挑むでしょうね。

親善試合とかでは、厳しく日本の弱点を相手は突いて来ないでしょうけど、W杯本番では必ず相手は突いてくるし、日本は容易に失点してしまう事実が証明されてしまった。

戦術の変更が必至だと思うのだけど、指摘する人が少ないのはどうしてなんでしょうね

|

« ドイツW杯以後日本代表に対する疑問に思うこと数々 | トップページ | 歴史秘話ヒストリア 「絶望するな ダザイがいる~太宰治」について  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/30154014

この記事へのトラックバック一覧です: 日本対オーストラリア戦について :

« ドイツW杯以後日本代表に対する疑問に思うこと数々 | トップページ | 歴史秘話ヒストリア 「絶望するな ダザイがいる~太宰治」について  »