« ワールドクラスにおいては、助け合い、フォローという | トップページ | 明日の試合はBグループに方が面白そうですね »

世界の強豪の戦い方について

イタリアとアメリカ戦も示唆の多い戦いではありましたね。

日本の指導者たちは、イタリアサッカーは好きでありませんね。自分も好きじゃありません。

でも、効率的に勝てるチームを作るのであれば、一番参考になるチームかも知れませんね。

無理をしない攻撃に終始し、先制されても慌てず、相手の隙を窺いなから戦う。

相手があるスポーツなんだから、相手の出方を冷静に読みながら戦うというのが、本当は一番重要なんだとも言えます

一カ所に選手が一時に集まることも少なかったです。

このイタリアの姿は、今回のブラジルが、選手同士がけっこう一時的に重なりあった姿とは、対比できるかも知れませんね。

日本の試合とかでは、頻繁に選手が重なり合い、見ていてエレガントじゃないところが多々あります、アジアでは、韓国もイランもそうですよね。

でも、あのブラジルも、日本とか程じゃないけど、密集してしまっている。

別に、選手のポジションが重なり合っても悪くはないと思うけど、ヨーロッパの強豪が、選手の間とかを適度にとりながら戦い、様々な約束事のあるような動きをしている姿からは、ブラジルは取り残されつつあるのかも知れませんね。

ブラジルは、意図的にそういう戦い方をしているのか、陣形が乱れてそうなっているのかは不明ですけど

ドイツW杯において、事前のNHKの特集とかでは、プレスをかける戦い方、勝負所では、人数をかけボールを奪取、一気に人数をかけて相手陣へ駆け上がることを、世界に対する戦い方だと、報じていたような気がします。

が、実際のW杯では、日本の戦術は空回りしましたね。

ドイツW杯では、世界のサッカーは、選手間の距離を適度に取り、相手の反撃を絶えずケアしながら戦うようなものになっているかのようでした。

個人がお互い助け合いながら戦うというより、与えられた役割を、それぞれがしっかり守って、ミスの少ない試合運びを心掛ける。ようなものになっているみたいです。

日本の監督が力説する、走り勝つというのでは、世界との差は縮まらないのじゃないかしら。

ミスを少なくして、相手の動向を窺いながら戦うイタリアチームのようなチームを参考にした方が、日本にとっては良いのかも知れません。

デフェンダーが、相手前線に頻繁に飛び込んでいくような戦い方は、面白いとは言えますが、世界の流れからは、遅れているでしょうね。

|

« ワールドクラスにおいては、助け合い、フォローという | トップページ | 明日の試合はBグループに方が面白そうですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/30130335

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の強豪の戦い方について :

« ワールドクラスにおいては、助け合い、フォローという | トップページ | 明日の試合はBグループに方が面白そうですね »