« 歴史秘話ヒストリア 「絶望するな ダザイがいる~太宰治」について  | トップページ | イラク対スペイン戦について »

残念なアジア予選結果について

今現在試合中のイラク対スペインにおいて、イラクの健闘は光ってますね。

おそらく日本よりも強いのじゃないかしら、イラクが最終予選の出てこなくて助かりましたね。

イラクの良いところは、選手が打たれ強いところですね。相手をはね飛ばすような強靭さを個々の選手が持っていますね。そしてよく走る。

日本が目指しているようなサッカーですね。個人的には好きなチームです。アジアの A、Bどちらのグループに入っても予選突破できたのじゃないかしら。自国で試合ができないというハンデがなったら、最もオーストラリアを苦しめる可能性があったチームでしょう。

監督は、あのミルティノビッチ。今からでも遅くはない、日本はミルティノビッチにW杯で指揮を取ってもらうように、オファーを出すべきだ。と自分は真剣に思っています。

W杯をウズベキスタンで決めた後、、即、協会、監督、マスコミは、W杯ベスト4を掲げた。残り2試合もあるのに、どうしてなんでしょうね。

韓国もオーストラリアも、まだ予選中であるので、そういうバカなことを、それぞれの監督は言っていません。

もしあの時点で、日本と同じことを言ったら、残りの試合如何で、自分たちの首が飛ぶ可能性がある、そういう軽挙な言葉はプロの監督は吐かない。

監督がベスト4を勝手に持ち出しただけなら、まだ話は分かるけど、協会も便乗していた訳だから、アジアですら勝てない監督を、W杯に指揮を取らしてもいいのかという評価を協会は行ってしかるべきだ。

岡田監督も、自分の身分が完全に保障されていると思っているから、今日の試合後の会見でも、これからどう戦うのかと平然と答えることもできたし、日本のマスコミも厳しく追求する言葉も向けない。

なあなあになっておりますね。目標が上滑りしているだけです。

協会は、本当にW杯でベスト4を目指しているのか、それとも岡田監督が勝手に言っているだけなのか、端から見ていると全然分かりません。

何度も書くが、これが韓国とかオーストラリアだったら、監督が更迭になってしまう。日本においては、簡単にマスコミも看過ししまう事実はどうなのかということだ。

現時点で、日本が韓国にもオーストラリアにも後塵を拝しているのは、そういう監督と協会の生温い態度に原因があるのじゃないのか。

これも予想されることなんだけど、韓国とオーストラリアは、それぞれグループ一位になった訳なんだが、今の監督でW杯を望む可能性は、それ程高くないということ。

貪欲に、W杯本番では、実績のある監督で望めるように、それぞれの協会は努力するはずだ。

日本は口では勇ましいことを言うけど、行っている行為は、W杯出場で目標は完遂、本番は思い出作り。

自分は、W杯の出場、その雰囲気を味わうだけで十分だと思うから、それでいいけど、もっと貪欲に上を目指してもらいたいと考える若い世代に、納得はいかないはずですね。

|

« 歴史秘話ヒストリア 「絶望するな ダザイがいる~太宰治」について  | トップページ | イラク対スペイン戦について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/30157374

この記事へのトラックバック一覧です: 残念なアジア予選結果について :

« 歴史秘話ヒストリア 「絶望するな ダザイがいる~太宰治」について  | トップページ | イラク対スペイン戦について »