« ブラジルサッカーの不振について勝手に考えてみた | トップページ | ワールドクラスにおいては、助け合い、フォローという »

イタリア対アメリカ戦について

イタリア対アメリカは3対1でイタリアが勝ちましたね。個人的には、面白くない試合でした。

アメリカが先制した訳なんですけど、簡単に追いつき、勝ち越していきました。このコンフェデ杯において、アメリカは何が何でも守り抜くという気は余りなかったのでしょう。

イタリアもそれほど果敢に攻めているようではなかったけど、見事なミドルシュートを決めました。

省エネだ。

バランスを崩してまでは攻めない、イタリアは、この前のW杯でもそうだったのでしょうけど、戦い方にぶれがないチームです。

アメリカもイタリアとよく似たチームみたいだけど、年季が違いましたね。

ワールドクラスにおいては、リスクを取らないということが重要なんでしょうか

それでも、点を入れられたアメリカはダメじゃん。と言うしかないのだけど、そこをどうするのかは難しいところなんでしょうね。日本もそこのところで、苦労しているみたいだしね

|

« ブラジルサッカーの不振について勝手に考えてみた | トップページ | ワールドクラスにおいては、助け合い、フォローという »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/30129837

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア対アメリカ戦について:

« ブラジルサッカーの不振について勝手に考えてみた | トップページ | ワールドクラスにおいては、助け合い、フォローという »