« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

岩村選手が怪我したことについて

岩村選手が、先日ダブルプレーを取りにいったところで、接触して大怪我を負いましたね。

非常に残念でしたね。

岩村選手のプレーに対して、下手だから怪我しとか、走者が来るところにいるのが悪いとかいう人が、けっこういるのには驚いた。

ダブルプレーを成功させる動作というのは、自分であらかじめ決められるものではない。今回岩村選手が怪我を負ったプレーは、投ゴロだった。

その投ゴロにおいては、岩村選手が投手から返球したきた場所に行ってゴールをキャッチ。そして素早く一塁へ送球しようとしたところ、足もとにランナーが突っ込んできた。

避けようがないものだ。

この動作のどこを取れば、下手とか、岩村選手が悪いなんて言えるのだろうかね。

野球に怪我はつきもので、ハッスルプレーが、危険なプレーというのは、紙一重である。

WBCにおいて、韓国メディアは、中島選手の同様のスライディングを危険なプレーだと非難したいた。が、韓国の選手のダブルプレー潰しのその種のプレーはスルーしていたのを、ここで思いだした。

WBCみたいなトーナメントと違い、シーズンは長いものだ。ハッスルプレーを頻発するのはその選手の勝手だけど、相手選手を巻き込むのは、考えものと言わざる得ないね。

巨人の高橋選手みたいに、度々危険なダイビングキャッチを試みて、傷つくのは、考えものだしね。

岩村選手を怪我させた選手は、一軍当落線上で、ハッスルしなくてはいけない状況があった訳で、そこでやりすぎてしまったと考えるのが、自然な考えでしょう。

お互いさまなんだから、どうしても勝たなくてはいけない試合以外は、相手に怪我させる危険性のあるプレーは自重するべきですし、メジャーリーガーも、そこのところは考慮しているみたいだ。特に相手チームのスター選手には気を使っているみたいだ。

岩村選手が、メジャーにおいては、怪我させてもいい選手に見られてしまったのは、残念なんですけど、多分そう見られていたことは確かでしょう。

それにしてもね、あの怪我を岩村選手が、下手だからとか言う人たちは、明らかに野球を知らない人ですよね。

最近は、野球をやったことのない人が、多くなったのが原因なんでしょうかね。WBCで中島選手を責める韓国のメディアも酷いと思ったけど、今回も同種のことを感じたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガチャポンで明智光秀ストラップが当たった

2628

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の山アジサイを撮ってみた

2622

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のカシワバアジサイを撮った

2619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森光子に国民栄誉賞というニュースについて

ちょっと前の公園で全裸になったタレントについて批判的な記事を書いたことがあったのだが、その時批判的なコメントを頂いたが、この記事もそうなりそうだ。

自分は、森光子さんが、国民栄誉賞を受賞することに対して、反対でも賛成でもないのだが、受賞に纏わる状況が、ややこしい時であるとは思っている。

明白な与党の選挙対策の一環のようであるし、芸能界からは、一切批判できそうでない人の選出というのは、かえって問題だとも思うからだ。

ある意味、裸の王様的な状況になっているのではないかと思っている。

どんな仕事でも、長らくするということは大変なことであり、真面目にその職業を勤め上げた人は讃えられるべきではある。

が、芸能界に対しては、それは当てはまるのか。

銀幕おける自分の姿を、人々の記憶にとどめたくて、若くして引退した女優さんもしたし、夭折した名優も数多くいる。

あの人には、与えられなかったのに、どうして森さんが受賞するのか。

そういう疑問は、芸能界でも、一般社会でもけっこうあると思う。

しかし、芸能界での最長老格でもある存在に対して、そういう疑問の声は投げかけることは、難しいとは言えるし、聞いていて恥ずかしくなるくらいのコメントをしているタレントとかもいた。

おべっかいとは、思いたくはないが、しっくりいかない気はする。

全く先入観のない、子供とか外人とかが、放浪記での森さんとかに対して、何じゃこれはと思い、それを声にしたのなら、同調する声はけっこうあるのでないか。

そういう声が大きくなるとは思えないけど、しっくりしないニュースだとは、多くの人は思っているに違いないわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリックスが8連敗しちゃったね

自分は、どうしても強いチームより弱いチームの方に目がいってしまいますね。

今年の巨人とかは、若手選手の成長もあり、去年のラミレス、クルーンが目立った展開とは違っていますよね。

原監督の力量を見直しました。

翻って、横浜とオリックスは、ドツボにはまっておりますね。横浜は村田選手の復帰ともあり、これから浮上するかも知れない予感は漂っていますけど。

オリックスは、横浜と違い、優勝候補に上げる人もいたりと、前評判は高かったのですが、外人選手の相次ぐ離脱で、ピンチになっています。

安易な外人頼りの打線の強化の悪い側面が、もろに直撃しております。

でもね、ローズとかはもう既に、40を越えている訳なんだから、最初から過度に期待し過ぎだったは言えそう。

危なかっしくても、若手を使って汲々している横浜の方が、ファンとかは納得はできそうですね。

オリックスは、根本的なチーム改造が急務になってきましたね。若手投手とかは確実に成長しているのだから、ここでドラスティックに若手野手の起用をして、来期に備えて、清原監督の登場となれば、面白いのかも知れませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党の代表選について

NHKのニュースに、民主党の代表選に出る、鳩山候補と岡田候補が出ていた。

自分は、久しぶりに二を見たけれども、二人とも血色が良いことが目についた。

小沢前党首が、健康に問題があったかのようだったのとは違っていましたね。それだけでも、大きなアドバンテージがありそうに思いましたね。

お互いの主張の違いには、明確な違いはなく、ただの世代交代の争いのように思えたけど、自民を倒すという目的は一致していたみたいなので、元気はありましたね。

どうしても、自民側は守るほうなので、元気はありません。

個人的には、愛をうんぬんする鳩山候補が面白いので、応援したいんですけど、現時点では、国民が最も首相にしたくない人なのかも知れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の巨人対横浜について

昨日BSで横浜と巨人の試合を見た。

変わった終わり方をしたね。

死球で決着したのだけど、バッターの村田選手はベースに覆い被さるように立ち、全く逃げなかった。

あれは死球じゃないですよね。投手の豊田選手は呆然としていた。

その後横浜のイレブンは大喜び。

あれは故意ですよね。そんなに大ぴらに喜んじゃダメでしょう。

おかしな余韻を残して番組も終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザについて

とうとう新型インフルエンザが日本に上陸した。

これからどれだけ感染が流行するのか気になりますね。全然人ごとではなくなってしまいました。

うがい、手洗いは、外出後には、必ずしなくてはいけなくなりましたね。

今回の日本での発生の第一号になったのは、高校生とその先生というのは、考えさせられますね。やっぱり思慮が足りなかった行動であるとは否定はできないですよね。

このような事件において、第1号には絶対なりたくないものだ。日本で感染が確認されていなかったから尚更だ。

注意をして多くの人は行動していたはずだし、企業とかでは、そういう不名誉な記録を社員がならない為に、よりいっそう注意していたはずですよね。

そこをあっさり高校が記録したのは、どうなんでしょうね。

学校というのは、社会性が欠如したところであったと証明してしまったのかも知れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに新型インフルエンザの国内感染者が出たね

ついに新型インフルエンザの国内感染者が出た。時間の問題だったと思っていたけど、現実にそうなると、やばいなあ。と言うしかありませんね。

感染した男子高校生と先生は、短期留学先で感染したそうだったけど、この種の危険性の認識はあったのかなあ。

ゴールデンウィークでも、かなりの人が海外に出ていったけど、訪問先で新型インフルエンザが流行しているのに、知りながらも出て行った人が大半なんだから、発生は時間の問題だったと言えますわね。

一人一人のちょっとのモラルの問題なんでしょうけど、そういうのは個人に任せていると絶対止まらない。

非常に難しい問題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィークに遠出した人けっこういたんだ

ETC割引とかもあったので、ゴールデンウィーク中遠出いた人はけっこういたらしい。

車に乗ってどこまでも進行というのは、やってみたい人はけっこういるのでしょうね。

でも、疑問に感じることもありますわね。

高速道をひたすら走るというのは、あじけがないのじゃないでしょうか。休憩はパーキングばっかりでは、旅のアクセントにはなりづらいかも。混んでいるし、眺めもそれほど期待できない。

わざわざ出かけるのは、億劫と思う人の方が多くなったのでは。

新型インフルエンザも発生していたし、スカッと過ごせた人は少なかったかも知れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁酒宣言ができない時点でアル中ですわね

あの人の泥酔全裸事件において、なんで禁酒宣言ができないのか。

というような記事を書いたら、あの人のファンから攻撃コメントを沢山頂いた。

あの事件から、しばらく経って、つらつら思うのだけど、自分が書いたのは、どう考えても正論だと思う。

適度を守れる人だけが酒を楽しめばいいのではないか。

あの人は、あの事件を起こす前に何十杯も飲んでいたらしい、もうアル中じゃないかね。そういうところは、マスコミは見事にスルーしましたね。

適度を守るというのは、自分の為でもあるしね。芸能人で年取って容姿が崩れて来る人は、飲み過ぎの人が多いのもその証明だしね。それを言ったら一般人でも、そうなんですがね。

人間の体というのは、本人が思っているほど頑丈なものではない。年いくと少しづつ衰えてくるものだ。

ましてや、どれくらい飲んだのか分からないくらい飲んでいると、必ず病気になる。

ほどほどを守れる人だけが、いつまでも酒を楽しめると言えますね。

テレビ等の大手マスコミの論点外しには、ほとほと呆れた。

あの人のファンが、あの人の擁護の為に唐変木な主張するのは、愛嬌とも言えますけど、あの人の前に、中川大臣の泥酔には、口汚く攻撃したマスコミは、一貫性がまるでないですね。

人によって、コロコロ主張を変えて疑問にも思わないのだから困ったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回「天皇と憲法」について

前回の「アジアの一等国」が、各地で論争を巻き起こすような内容でしたが、今回の放送は普通でしたね。

軍国化していく過程における憲法解釈論争を取りあげていました。

大学の法学部の教養課程で学習するような内容なのかな。法学部外の人には、有効な知識なんでしょうけど、法学部生にとってはどうなのかな。自分は法律は専門外なので、それなりに納得しましたけど。

出てきた論客の中で、立花隆先生が説得力がありましたね。

天皇機関説説における、美濃部教授が糾弾されていく過程は、正当な論戦ではなく、揚げ足を取りだったりするんですね。

今の国会でも揚げ足取りばかり行われています。全然政治家は進化しておりませんね。

そして、大衆に対する甘い迎合によって天皇が神聖なるものと浸透していった。ここに日本の敗戦があった。

その通りですね。

自分は、こういうところはしっかり明確化しておかないといけないと思ったし、学校でもそこのところは、先生によりけりだけど、そのように教えられていたように思う。けど、そこのところを理解していない先生もいたような気もする。

たた天皇機関説は、太字項目で、その語彙を暗記するだけになっていたのも事実で、若い人は、その語彙すら知らない人は多いかも。

簡単なことですよね。天皇は国家機関に一部に過ぎない、そうでないと主張した輩が、あの戦争を引き起こしていったのだと言うことですよね。

戦争末期になっても、国民総玉砕を唱えていた人は、明らかにおかしいですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »