« 森田知事はそんない悪いことをしたのか | トップページ | 我が家の白いツツジを撮ってみた »

北野誠さんはある芸能プロダクションにより追放されたみたいですね

北野誠さんの芸能活動停止事件は、テレビとかでは取りあげられません。そもそも北野誠さんという人物は存在しなかったかのようになっていますね。

ネット上の噂、週刊誌とかの報道によって、ある芸能プロダクションの社長の怒りを買ったというのが、一番信憑性が情報みたいです。

芸能プロダクション社長という存在は、一人の人物を世間から抹消できるくらいの権力があるのか。という驚きと同時に、芸能界の後進性について考えてしまったね。

まともな人は、芸能界というところとは、そういう前近代的な社会なんだと思ったことでしょう。去年は相撲界に対して、そういう印象を持った人は多かったけど、今度は芸能界についてそうなんだと、思ったじゃないかなと。

と言いたいところなんですが、北野誠さんの事件は、テレビとかでは取りあげられておらず、あくまでネット上での話なので、

ほとんどの人は、芸能界について、ほとんどの人は、どういう社会なんだとは思わないでしょうね。

去年の相撲界の出来事では、多くの報道もされたりして、それなりの自浄作用はあったと思うのですが、今回は事件が発生したことすら、世間一般からは知らされません。

芸能界というところは、そういう権力の融通性があることにより、相撲界よりも、前近代的な世界ということなえうかも知れませんね。

報道機関の権力作用について、もっと考えなくてはいけないのかも。

一芸能人が社会的に抹殺されたに、過ぎない問題で、それほど社会的に重要な問題ではないのかも知れないですが、一芸能プロダクションの意向により、簡単にそういう権力の使用ができ、それに対して疑義を呈することができない。といのは異常事態でしょう。

報道機関が、それぞれ独立したものであり、多様な言論の状況を報ずる姿勢があればいいのですか、すべてのテレビ等報道機関が、同じ方向に簡単に向いてしまうという姿勢は、そういう報道機関の存在意義も考えなければいけないですよね。

それと、、北野誠さんがラジオ等で、芸能人のことについて誹謗中傷することが多かったのも、問題がだったかも知れないですね。

芸能人は、プライバシーを切り売りする仕事でもありますが、悪評がたてば生活していけなくなる職業でもあります。

自分のプロダクションの芸能人を守るのも、芸能プロダクションの仕事であるとも言えます。なので、自分たちのテリトリーを守る為の自衛の行動だったとも言えますね。

だから、北野誠さんが今回逆鱗に触れてしまったのは、事業自得であるとも思えます。

どちらの立場に立つとも、言えないような気もします。

その情報統制の異常さが目立つ事件であり、大手メディアの独立性と多様性の欠如と芸能界の前近代性をを示した事件だとも言えるのかな。

|

« 森田知事はそんない悪いことをしたのか | トップページ | 我が家の白いツツジを撮ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/29153800

この記事へのトラックバック一覧です: 北野誠さんはある芸能プロダクションにより追放されたみたいですね :

« 森田知事はそんない悪いことをしたのか | トップページ | 我が家の白いツツジを撮ってみた »