« 大阪のつっこみの偉大さについて考えた | トップページ | フランス代表監督のドメネクさんは会見では »

ドナドーニ監督の応答について

サッカーイタリア代表のドナドーニ監督の応答が、スポーツナビに載っていた。自分が面白く感じたところは

・ オランダがルーマニアを2-0で下した試合については、「オランダの敗北の可能性について聞かれた時、『そんなことを考えること自体がオランダへの侮辱だ』と答えた。選手たちだって、負けを考えるはずがない」と、オランダのプロフェッショナルな姿勢を信じていたことを明かした。

オランダのプロフェショナルな姿勢だって、選手を9人も入れ替えて望んでいたのに、とてもプロフェショナルな姿勢とは言えないわね。

自分は注目度が高いイタリア対フランス戦ではなく、オランダ対ルーマニア戦を見ていた。

明らかに、オランダは手抜きをしていたように思えたわね。それなのに、ルーマニアがイタリア対フランス戦が、引き分けになるんじゃないかと予想してガチガチに守った。

自分は、適宜イタリア対フランス戦も見ていたから、これも言えるけど、イタリアはフランスとの引き分けの可能性を排除するため、イタリアにしては攻撃的に、初っぱなから出ていっていた。その積極性が良い方向へいったのだが、

ドナドーニ監督自身は、オランダのメンバー発表に舌打ちしたに違いないわね。

前半守りに入りすぎたルーマニアが、イタリアとフランスの途中経過で、イタリアが先制したのを知って攻めできた、すると隙ができて、そこを突かれて、オランダが簡単に点を入れてしまった。

オランダは、淡々とやっていた。ルーマニアは、元々攻撃的なチームじゃないみたいで、ゆっくり守っているオランダに、攻撃の端緒が全く掴めず得点を入れれず負けてしまった。

ルーマニア自滅じゃん。

ルーマニアが前半からもっと攻めて、点数が入ると、おそらくオランダは、必要に攻めることはしなかっただろうね。

ドナドーニ監督は、オランダが心の中では、イタリアとフランスの敗退にあるのではと、密かに思っていたに違いないわね、

試合後の会見では、もう過ぎたことと、やんわりやり過ごすのは、大人の対応、そこをやんわりついてみる質問した記者は、ちょっといじわるでいい感じかも。

日本の報道では、オランダはさすがに強いと強調していただけで、取材が底の浅いものになってしまうのは、基本的に日本人はお人良しなんだからだろうね。

|

« 大阪のつっこみの偉大さについて考えた | トップページ | フランス代表監督のドメネクさんは会見では »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/21719268

この記事へのトラックバック一覧です: ドナドーニ監督の応答について:

« 大阪のつっこみの偉大さについて考えた | トップページ | フランス代表監督のドメネクさんは会見では »