« 我が家の撫子を撮った | トップページ | NHKスペシャル「JUDOを学べ~日本柔道 金メダルへの苦闘~」をみて »

産経新聞の「政界混迷で注目浴びる「ネット政談」 人気ブロガー「やってられないわ」断筆宣言」について

ネット上で定着している政治系ブログとの距離感をどう計ろうかと、この記事の構想を考えていたところ、本紙「正論」の執筆者でもある雪斎さん(政治学者、櫻田淳氏)が、4月下旬に「やってられないわ」とブログ「雪斎の随想録]

の断筆を宣言した。政治への真剣な思いが込められた文章でありながら、心ない読者からの誹謗(ひぼう)中傷が絶えなかったという。

 雪斎さんの親友を自任する中年金融マン、ぐっちーさんは、礼儀を知らない読者の非常識が「優良な書き手を駆逐していく」と慨嘆しており、「ぐっちーブログもそろそろ」と漏らす。

 雪斎氏とは同じ船団の仲間だという意識を持っていた溜池通信のかんべえさんも「ブログを通した議論が本当に生産的なものなのかどうか」と、疑問を抱いている。

 お二人ともそう弱気なことを言わず、機能不全が著しい永田町政治に対して、ますます厳しい突っ込みを入れていただきたいものである(産経新聞の記事より抜粋)

なるほど、なるほどと興味深く読んだ。

この産経の記事で取り上げられたブログは、ここで紹介されて初めて知った。

それらのブログを早速読んで見ると、その視点の鋭さに驚いた。

やっぱ、アルファーブログは面白いと納得。

是非もっともっと、書き続けて欲しいものだわね。

このブログは、田舎のおっさんの趣味的なもので、これらの影響力のあるブログ何十分の一、何百分の一くらいのアクセスしかないと思うけど、それでも悪意ある書き込み、トラックバックにしばしば遭遇する。

意見の相違とか、そういう次元とは違う、便所の書き込みみたいなものだわね。

匿名なのだからなんだろうけど、剥きだしの悪意がそのまま直撃する。

そんなものを気にしないでおこうとしても、そういうものでもちょっと落胆することもある。

アルファーブロカーの人にたちが、日々そういう無数の悪意ある書き込み、トラックバックに遭遇していると容易に想像できる。

反対意見があれば、堂々と自分でブログを開設して、持論を展開したらいいのに、そういう悪意ある書き込みをするような人は、そういうことは絶対しない。

本当に困ったもんだ。

自分の暇つぶしブログなんかは、どうなっても田舎のおっさん一人の被害だけだけど、こういう有益なブログが閉鎖に追い込まれるのは、日本社会の損失だわね。

|

« 我が家の撫子を撮った | トップページ | NHKスペシャル「JUDOを学べ~日本柔道 金メダルへの苦闘~」をみて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/20781403

この記事へのトラックバック一覧です: 産経新聞の「政界混迷で注目浴びる「ネット政談」 人気ブロガー「やってられないわ」断筆宣言」について:

« 我が家の撫子を撮った | トップページ | NHKスペシャル「JUDOを学べ~日本柔道 金メダルへの苦闘~」をみて »