« 産経新聞の「政界混迷で注目浴びる「ネット政談」 人気ブロガー「やってられないわ」断筆宣言」について | トップページ | パンダ利権てあるんだ »

NHKスペシャル「JUDOを学べ~日本柔道 金メダルへの苦闘~」をみて

新しい柔道スタイルの変遷と、北京五輪での日本柔道陣の苦戦を予想されて感慨深く見てしまったわね。

柔道というより、他の競技の選手が柔道競技会に出ているみたいだ。

ここまでくると、本当に柔道なんかいと思ってしまうと同時に、貪欲に発展していく柔道の将来性に明るいものも感じたのも確か。

新しい柔道に対して、貪欲に取り入れようとする選手がいる一方、いままでの柔道スタイルを守ろうとする選手がいる。

前者はj百キロ超級で日本の出場権を取った石井選手。後者は井上康生選手と言えるわね。

どちらが正しいとは言えないと思うけど、

最後に生き残るのは、変化を受け入れる者だという。石井選手の言葉の方が説得力があったのは確かだね。

それにしても、五輪前になって、あたふたと世界の柔道の趨勢が変化してきていることを知り、慌ててヨーロッパに選手を派遣する日本の柔道協会は、やはり頭が固い古い組織なのかもね。

テレビ画面で写っていたヨーロッパの道場での国際的な大会への練習風景において、多数の韓国人選手が見られていたのは、そういう意味での対比で面白かったわね。

北京五輪で結果は、どうなるのかな。

最悪の事態になったとしても、慌てても仕方ないわね。

それにしても、やっぱり日本人としては、あれは柔道じゃないだろうとは言いたいわね。

|

« 産経新聞の「政界混迷で注目浴びる「ネット政談」 人気ブロガー「やってられないわ」断筆宣言」について | トップページ | パンダ利権てあるんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/20787015

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル「JUDOを学べ~日本柔道 金メダルへの苦闘~」をみて:

« 産経新聞の「政界混迷で注目浴びる「ネット政談」 人気ブロガー「やってられないわ」断筆宣言」について | トップページ | パンダ利権てあるんだ »