« ひなもり台のノカイドウを写してみた | トップページ | 中国の過激なチベット問題に対する言論について »

チベット騒乱:「欧米メディアを信じる」たった2%というニュースについて

リサーチ会社の零点調査が18-20日にかけて北京市などの905人にチベット騒乱に対する見方について電話調査を行った結果、「中国メディアの報道を信じる」との回答が86%に達し、「欧米メディアの報道を信じる」はわずか2%だった。24日付で英字紙チャイナデーリーが伝えた。

  チベット騒乱で中国人は一方的な見方をするメディアからしか情報を得ていないという論調があることについては「欧米メディアにも注目を払っている」との回答が76.9%に上った。

  欧米諸国で国家元首が北京オリンピック開会式への出席を見送る動きが広がっていることについては「北京オリンピックとチベット問題を結びつけることに反対」との回答は82.5%だった。写真はオーストラリアのキャンベラで行われた北京オリンピックの聖火リレー。(編集担当:麻田雄二)(中国情報局ニュースより)

このニュースは誤解を受けやすいものであるわね。どの程度信じられるか、という見極めできないからね。

日本でも朝日新聞等大手メディアを信じられるかと言うなら、そのニュースの事実自体は信じられると日本人は考えるのではないか、

が、社説等で、時々頭を傾げることはあるがね。というようなものだろう。

中国人の答えもそういう感じでの回答なのだろうが、欧米メディアのニュースを全否定するような態度は中国独特のものだろうね。

世界中の人にとっても、中国人にも一番幸せな関係は、両者干渉せずという状態なのかも知れないわね。

中国人として、チベット独特の文化を認めず中国人として吸収しようとするのが当たり前に考えており、その考えにぶれはないみたい。

中国人になりたくない、自分たちの文化を維持したいと考えるチベットの人をどうするのか、つまり少数者をどう扱っていけるのかという問題をどうするのか。

そうい人たちは庇護されるべきだという欧米のメディアの考えなんだろう。

現状は、欧米と中国で考えが一致しない問題で、対話すら成り立たない状態。

はっきり言って相手の立場を思いやるということがあれば、歩み寄りがあるのだが、

欧米側では、五輪を控える微妙な中国の立場を思いやり、なるべく中国人を刺激しないよう呼びかける人たちは存在する。

更には、国際市民運動家が必要以上の中国敵視政策を行っており、チベット問題が利用されていると声高に主張する人さえいるのに対し、

中国側には、欧米に歩み寄るという人がほとんどいない。

アメリカの大学で両者を融和させようとした学生は、実名すら公表され、酷い攻撃に晒された。下手に歩みよると、中国では裏切り者扱いだ。

このことは、中国人は他国の国旗を平気で燃やしたりするのに、自分たちの国旗を燃やされると激昂する、そもそも自分たちがされたら嫌がることを、他国人にすると、その人たちも嫌な気になるという、普通の感覚が欠如しているのはどうしてだろう。

そういうところを早く気づいて欲しいと、欧米というより、近接する日本人は強く思うわね。

|

« ひなもり台のノカイドウを写してみた | トップページ | 中国の過激なチベット問題に対する言論について »

コメント


危険な中華思想に、共産党という独裁政権に洗脳され、救えない13億ですよね!!まぁ彼らは盗み、殺しもする側よりも、被害者が悪いと開き直る国&民衆ですから、何を言っても無駄でしょう~あとは、神様から天罰が1000万回落ちる事を、同じ仏教信仰の人間として、強く祈ります

フリー・チベット、悪魔の国に天罰あれ。

投稿: 将軍 | 2008年4月24日 (木) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/20538422

この記事へのトラックバック一覧です: チベット騒乱:「欧米メディアを信じる」たった2%というニュースについて:

« ひなもり台のノカイドウを写してみた | トップページ | 中国の過激なチベット問題に対する言論について »