« オーシャンドームの閉館について | トップページ | 台風15号は温帯性低気圧になったみたいだ »

厳しい稽古で力士は本当に強くなるのか

今回の時津風部屋の事件は、連日テレビ等で大々的に報道されており、事実が明らかになるにつれ、相撲界がいかに古い体質なのかということを露呈している。

自分など思うのだが、かわいがりとかいう稽古をすれば強くなるという発想自体が時代遅れなんじゃないかと

幕内力士になれるのは、一部だけで、全員が幕内力士になれる訳ないし、プロとして、全体練習で、なんとかなるというのは、おかしいよね

本当に強くなりたい者が、自発的に厳しい稽古を己に課し、強くなっていくというのは、本来のあり方じゃないのかね。

よってたかって、いじめるような稽古は、若い力士を萎縮させ、そして自分も先輩から、いじめをうけたのだから、後輩に課すようになるという、負の連鎖を呼ぶだけだろう。

やる気のない者に、厳しい稽古を課しても、無駄だよね。

それなのに、度が外れた稽古を課そうというのは、間違いよね

こういうような事件が起こるのは、まだまだ相撲界が成熟していない証拠なんだろうね

|

« オーシャンドームの閉館について | トップページ | 台風15号は温帯性低気圧になったみたいだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/8209412

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい稽古で力士は本当に強くなるのか :

« オーシャンドームの閉館について | トップページ | 台風15号は温帯性低気圧になったみたいだ »