« 生駒高原のコスモスを見た | トップページ | フェニックスリーグを見てみた »

亀田兄弟問題について

亀田兄弟についての処分も決定したみたいだが、まだまだ話題を提供続けているよね

また、分かりやすい問題であって、誰でもこのことについて一言があるのでは

自分も、余り係わりたくないと思っていても、何の引力なのか、試合を放送しているとついつい見てしまったりする。

テレビ局の戦略にやられてしまっているのかな

今回の放送後、亀田選手の反則について。世間がこれだけ反発しなかったら、亀田兄と内藤選手のリベンジマッチを組もうとしていたに違いよね。

反発が、予想以上に強かったので、逆にTBSは、こんどは自分の番組で率先して、今まで亀田陣営の片棒を担いでいたことを、不問にして、亀田家の非難に明け暮れている。

なんなんだろうね

亀田家の人たちは、今回の試合に限らず、ああいうやり方をずっと続けてきて、それに対し、ネットなんどを中心にかなり強い反発があったのにね

テレビ局が節繰がなさ過ぎて、呆れるくらいだわね。

自分が考える亀田選手が行ったことについての問題点は

亀田家の人たちは、世界チャンプの肩書きが欲しいだけであって、世界で最強の男を目指していない人たち。

ということに尽きる。

この辺をごっちゃに考えている人が多いよね。

なので、親子愛とか、成り上がりとかのストーリーを勝手に、この親子に反映あい、美談にしてしまおうと言うテレビ局の戦略に騙されてしまったのだろう。

努力とかで、なんとかなるのでは、世界チャンプの価値などないだろう。

恵まれた素質と絶えることのない持続する意志、そして幸運に恵まれて初めてなれるというものだから、価値があるのだろう。

簡単になってしまう方法を見つけて、世界チャンプを詐取した過去を持つ亀田兄の存在があったからこそ、現世界チャンプの内藤選手に敬意を持つこともなく、暴言を軽々しく吐き、試合後も、内藤選手を讃えることなく、そそくさと帰ってしまうことができたのだろう。

つまるところ、世界チャンプなんていうものを肩書きでしか見られないというのが問題なんだろう。

強さには、本来的に限界がないのが、認識できないということなのだろうかね

限界がないから、ロマンがあり、多くの人が魅了されているのだけどね。

それと、腹立たしいのは、教唆されて反則をおこなっていたことだね。

反則技も、一つの技の一つであると声高に語る人がいるが、こういう人は、話しを混乱して捉えているね。

反則という悪を行うにに、他人に指示されて行うというのは、未熟であるということを暴露しているだけなのにね。

プロ野球なんかでも、名球会入りした人の中には、ビンボールまがいの球を多投した者もいるが、

そういう選手たちは、己の責任で、際どい球を投げないとその世界で生きに抜いていけないと経験上実感してきたからこそ、そういう技を習得したのであって、他人に強制されてそういう技を身につけてのではない。

正当派では自分の限界があると知って、そうなった人たちだ。

亀田選手は、正当派としてやって、どれだけできるかという限界を知って、反則技をした訳じゃないだろう。ただセコンドがそうしろと言われたから、しただけじゃないか

教唆されて反則をしたのだから、罪がないようにも見られるが、世界チャンプを目指そうとする者が、指示待ち人間じゃ、様にならないよね

プロ野球でも、明らかにベンチに指示されて、ビンボールを投げられるシーンとか、けっこうあるが、そういうものは不愉快だよ

反則なんていうものを、しなくては勝てないのなら、自己責任で、成熟した選手が、ダーティーなイメージを自分のレッテルに貼っても良いと思ってからするべきだろう。

亀田家の人たちは、兎角、兄弟の若さと努力する姿を強調して世間に訴えるが、反則技に手を染めるというのは、そういうことと矛盾している行為だということも気がつかないというのは、どういうことなんだろうね。

スポーツとそれ以外のものを、混在させてしまっているのが問題なんだけど、メディアがそういう混乱を助長させているのが、一番問題であるのだろうね

本当に厄介なことになっているよね

|

« 生駒高原のコスモスを見た | トップページ | フェニックスリーグを見てみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/8458659

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田兄弟問題について :

« 生駒高原のコスモスを見た | トップページ | フェニックスリーグを見てみた »