« 彼岸花を撮った | トップページ | オーシャンドームの閉館について »

サンスポのおかしい相撲記事について

「けいこだけは肉親には見せられない」という大相撲の親方が、昔は多かった。竹刀やホウキの柄で滅茶苦茶にたたかれ、体中ミミズ腫れになったわが子の姿を見せられたら親は取り乱す。しかし、親方や古参の兄弟子が「そこまで」という“愛のムチ”の限界を心得ていて、息絶え絶えだった若い力士もすぐに元気を取り戻した。

部屋によってはいまも残るそんな厳しいけいこでファンを喜ばせる強い力士が育ち、悪童が礼儀正しい若者に変身し親が感謝する。それが相撲界の特質でもある。3カ月前、17歳の序ノ口力士がけいこ中急死した問題で傷害容疑が浮上した元小結双津竜の時津風親方(57)も、そのへんはよくわきまえていたはずだ。

30分にもわたるぶつかりげいこの後に、兄弟子から暴行を加えられ急死した力士は、入門後もタバコを辞めず再三脱走を繰り返したという。親方としては相撲を通じてなんとか素行を改めさせたかったのだろう。しかし、チャンコの席でビール瓶で殴ったのは常軌を逸していた。普段は温厚な親方が何を血迷ったのか、と首をひねるばかりだ。

ある部屋では「うちの子が兄弟子が怖い、といっている。ホテルから通わせてもらいたい」と新弟子の親からネジ込まれる時代である。7月の名古屋場所前に起きたこの問題の影響で、親から入門を断られた部屋もあり、ますます新弟子は取りにくくなる。全体的に甘くなったけいこが、力士減ではさらに甘くなるだろう。

厳しいけいこがあってこそ、いい方向に向けての“愛のムチ”も生きてくる。けいこのあり方や、新弟子の集め方が根底から問われる相撲界の一大事として、協会も心して対処すべき問題だ。(サンケイスポーツの記事より)

このブログでは、記事の全文を転記することは余りないのだが、酷い記事なので全部転載してしまった。

自分が考える焦点は、

人が死んでしまうような稽古というものが、愛のムチと言えるのか

というところかな

甘い稽古とか厳しい稽古とか言う問題よりも、集団で一人の人間に対し、暴行を続け、そのことを隠蔽しようという体質が問われているのではないのか。

こんな脳天気な記事を書くより、過去に起きた同種の隠蔽されてきた記事の掘り出しに精を出すのが、新聞記者の務めであると思うのだけどね

相撲界の体質が、今の社会とは、決定的に相容れなくなっている現実があるのが問題だよね

15才とかそんな年齢の子供を連れてきて、徹底的に強いものが偉いような教育を行い、、相撲界で大成しなかったら、放り出すようなことを行っているようなことを角界は相も変わらず行っている、

誰がそんなところに行きたがるのだ。

我慢、辛抱が現代っ子には、足りないというより、そういう時代遅れの世界の維持に汲々する体質の方が、異常だと気づくべきじゃないのかね

伝統とかそういうのをよく持ち出す人がいるが、おかしい伝統もあるのだとは考えないのかしら

まあ、それより今回の事件は、明白な殺人事件だという事実を受け止めるべきだよね

|

« 彼岸花を撮った | トップページ | オーシャンドームの閉館について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/8141696

この記事へのトラックバック一覧です: サンスポのおかしい相撲記事について:

« 彼岸花を撮った | トップページ | オーシャンドームの閉館について »