« 桜はもう葉桜になったね | トップページ | 完全ウェバー制度について その2 »

谷選手の柔道世界選手権への派遣について

全日本柔道連盟は8日の大会終了後、男女の強化委員会を開き、北京五輪の出場枠がかかる世界選手権代表を決めた。女子48キロ級の谷ら11階級のうち4階級で優勝者を選ばない結果となり、選考会は約2時間紛糾した。
 ベテランの実績か、若手の勝者か。議論の中心は谷の処遇だった。2年のブランクがあり、しかも敗戦。しかし、五輪連覇、世界選手権も6連覇した評価は高かった。
 吉村和郎強化委員長は「(五輪、世界選手権では)金メダルが絶対条件。国内で勝っても外国人に勝てない選手ではダメ。金に近い選手を選んだ」と説明。福見は主要国際大会で敗れている。「谷は他の選手と違う」と復活へ強い期待を示した。男子90キロ級の泉らも海外での実績を買った。
 一方、筑波大で以前、福見を指導した山口香強化委員は「勝っても代表に選ばれないのでは、チャンスがなくなってしまう。谷の立派さは分かるが、福見には今年がなければ、来年の五輪もないことになる」と話した。(asahi comの記事より

自分は、昨日井上選手が負けた時点で、テレビ見ると止めたのだが、

その後谷選手が、決勝で敗れた。
しかし世界選手権への出場を決めた。そのことで、あれこれ各所で意見が闘わされているね。

この結果はおかしいね。

現段階の実力が、既に日本でトップではないと証明されたのに、世界選手権への派遣を準優勝の選手にするのは、どうなのかね。

ここで谷選手は負けても、谷選手の最終目標であるオリンピック出場に直接繋がる敗北ではないのだから、再起を期せるし、若手に国際大会への経験を積ませることもできる。
何も面倒くさい決定をする必要は全然ない。

オリンピックの枠を取る為に、谷選手の経験が必要だという説明をしているみたいだが、
別にオリンピックでメダルなど取らなくても、正々堂々と戦ってくれるだけでいいと国民は思っている気もするんだよね。

マスコミが煽るけど、国民はそんなにメダル数なんて拘っていないと思うのだけどねえ

|

« 桜はもう葉桜になったね | トップページ | 完全ウェバー制度について その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/6037558

この記事へのトラックバック一覧です: 谷選手の柔道世界選手権への派遣について :

» 柔道世界選手権代表 [アビシュカール]
やっと見つかった記事。 ラジオ・ニュースで聞いた時、「え~、おかしくない?」と思った。 事実だけを、アナウンサーは平然と伝えていたけど 当然のように受け止めるには、違和感を感じた。 柔道世界選手権の代表に谷ら 選考会は2時間紛糾北京五輪の出場枠がかかる世界選手権代表に、女子48キロ級の谷ら11階級のうち4階級で優勝者を選ばない結果となり、選考会は約2時間紛糾した。 ベテランの実績か、若手の勝者か。議論の中心は谷の処遇だった。「(五輪、世界選手権では)金メダルが絶対条件。国内で勝っても外国人に... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 19時46分

« 桜はもう葉桜になったね | トップページ | 完全ウェバー制度について その2 »