« 中村選手の独身寮入り希望について | トップページ | ユダの窓 »

高校入試の定員割れが多いことについて

宮崎のローカルニュースで今年の高校の入試倍率についての報道を見た。

ざっと見ただけだけど、とんでもないことになっているね。
定員割れの高校が去年よりも多くなっている。
その定員割れした倍率も。0.9とかいうものばかりではなく、0.7とか0.8とかもあり、中には0.6という高校もあった。

少子化で子供が減っていると言われているが、ここまで減ってきているとは。

もう一つ気になったのは、普通高校の人気低下と地域間の格差が出ていることかな。

宮崎のみに限った話なのかもしれないけど、この傾向は全国の他の地域でも当てはまるのではないかなとも思う。

将来先生になりたいという若者は多いと思うけど、このような状況が続いていくと予想される状況では、先生は益々なりにくいものになっているのかもね。

遠い将来については不安を感じさせるが、取り敢えず来年受験の親戚の子にとっては、簡単に高校に入れそうなので良いことなのかもね

|

« 中村選手の独身寮入り希望について | トップページ | ユダの窓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/5500522

この記事へのトラックバック一覧です: 高校入試の定員割れが多いことについて:

« 中村選手の独身寮入り希望について | トップページ | ユダの窓 »