« 変わった雲を写してみた | トップページ | プレイオフの展望について »

年末年始の格闘技について

ここ数年、格闘技を大晦日に放映するのが定着し、いい視聴率を出しているみたいだ。
今年(去年かな)も問題があったみたいだね。
スパリ、K1の秋山選手対桜庭選手のことだけど、
このことは、自分のブログでも記事にしていたが、今日正式な裁定が下され、秋山選手が失格になったみたいだ。

2ちゃんねん、いろんなブログでこの試合の結果に対する、疑問の声があがっていたが、大体その疑問が正しかったということになったのかなというものだったね。

はっきりいって、後味が悪いものになったね。
秋山選手の紛らわしい行為。限りなく黒、悪意があったとしか思えない行為に対して、この裁定は甘いものではないかとの声がまだあがっている。

K1当局としては、もう幕を下ろしたいのだけど、不透明なままでは、なかなか幕引きはできないだろうね。

ボクシングの亀田選手は、タイトルを返上し、正式な防衛戦を行わないまま、違う階級に移行するし、
格闘技の世界はもやもやしたものが本当に多いね。
正々堂々、一発勝負というのと、ほど遠い、もやもや不透明な行為が多いね。

こんなことばかりして、年が明けてもすっきりしないじゃん。

|

« 変わった雲を写してみた | トップページ | プレイオフの展望について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/4889087

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の格闘技について:

» 秋山VS桜庭問題に決着!秋山が違反で失格、ノーコンテスト!! [141MART]
話題になっている秋山vs桜庭問題がついに決着!141MARTでもその試合につい [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 22時09分

« 変わった雲を写してみた | トップページ | プレイオフの展望について »