« セルジオ越後さんの記事について | トップページ | ひよどりを写してみた »

更に昨日のサッカー記事について

必ずしもサッカーファンではないのだけど、それを取り巻く人たちの言動のぶれが大きすぎるので、気になるのでついつい何か言いたくなるね。

これは、日本の政治、経済での評論家、識者の発言にも共通しているように自分には思えるね。
つまり次のようにこのように思えたりするんだ。

正確な現状把握、分析より、恣意的に都合のいい情報のつぎはぎ。

サッカーも日本代表がステイタスになり、その動向が国民的関心事になってしまったので、どうしても正確な記事より、国民の食いつきのいいセンセーショナルな記事の方が多くなってしまう。

ドイツ杯で17才とかそのような年令の選手が出場している現状で、ただの高校生の大会にこれから世界にでようとする人が高校選手権に出ないのは当たり前。

そのようなアスリートが出ない大会で、タレント不在を嘆くのは、おかしい。

もちろんサッカーの裾野がもっと広がって欲しいので、愛ある叱咤ではないかともとれるが、少子化で子供の数が減っている現状で、そんなにいいタレントが出ると考える方が方がおかしい。

腑分けして考えるべきなのだ。

そんなになんでもサッカーが強いというのは、ブラジルでは可能だが日本では不可能だ。

正確に自分たちの現状を分析したうえでしか、代表の強化などできるはずはないのではないか。

そんな分析もせず、思いついたこと、センセーショナルなことを発言するばかりというのは、無責任じゃないかなと自分は思うんだよね。

オジム監督なんかも、そういった日本のマスコミのある種無責任で、御気楽な態度に皮肉な態度をとっていると自分なんか思うんだよね。

|

« セルジオ越後さんの記事について | トップページ | ひよどりを写してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/4872829

この記事へのトラックバック一覧です: 更に昨日のサッカー記事について:

« セルジオ越後さんの記事について | トップページ | ひよどりを写してみた »