« 日本のNFL放送について | トップページ | まだ所属球団が決まらない中村選手について »

NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃」について

NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃」を見た。
それについて少し感想を書いてみよう。

始めに思ったことは、良い意味でも悪い意味でもアメリカは、IT分野では進んでいるということかな。
結論としても、広告、宣伝という意味では、革命的なことだが、普通の日本人にとってもそれほど大きい影響を与えるものかどうかは疑問ということになるかな。

グーグル内での順番が重要で、いかにその順番をあげるかを、アメリカの多くの商店、会社では血気になって取り組んでいる。とのことだが

ほんまかいな。

それを言ってしまえば、この番組の自分のほとんどの感想になってしまうんだよ。

ちょっと詳しい感想はと言えば、
自分が検索していつも思うことは、検索してもそのキーワードについて載っていないことにいつもいらいらすることだね。
順番なんかよりももっと多くの元の情報がないと始まらないじゃん。
なんか思ったりするわね。

それに自分みたいな庶民でもこう考えるのだよね
例えば、大学受験なんかをイメージしてみると、インターネットの情報だけで、受験できるか?
無理に決まっているわね。
行きたい大学の情報は拾えても、受験そのものについては全く役たたずだ。
もちろんどこかの予備校の授業を自宅で受けられるようにはなっているかも知れないが、それは検索サイトとは別な話だ。
このように、ただの情報は所詮ただ情報。
役に立つ情報は金がかかる。
こんなことは、自明なんじゃないかなと思ったりするんだよね。

それをさぞ、革命だと持ち上げるのか、自分にはよく分からないなあ。

|

« 日本のNFL放送について | トップページ | まだ所属球団が決まらない中村選手について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/5064402

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃」について :

« 日本のNFL放送について | トップページ | まだ所属球団が決まらない中村選手について »