« 青島海水浴場に行った | トップページ | 今たこ焼き50円が普通なのか »

知り合いのおばさんが呆けたみたいだ

年寄りに対しては、いつから呆けたのかというボーダーの見極めがが難しいね

知り合いのおばあさんが。もう2,3年も前から聞かれないのに、一方的に自分の家族のことを喋っているのを、そんなもんかなと思って見逃していると
最近よく観察してみると、呆けてしまったみたいだ。
ただ、日常のことについては、支障がないので、分かりづらいけれど
今のところ、周りに大きな影響がないのが、幸いだけど

このおばあさん、昔から自分の家族のことをいつも自慢して歩いていた。
子供は、男の子三人と、もしっかりとしたところ勤めにだし、おばあさんの自慢だった。
孫たちは、勉強もそこそこでき、スポーツ万能、容姿端麗と言うことなかった。
しかし、その孫たちも小学生を卒業するくらいになると、成績とかがふるわなくなり、子供時代のように目立つ容姿でもなくなった。

でも。おばあさんは、偶に会うと、何とか自慢の種を見つけ。吹聴する。
他人は、基本的に人の家の子供に必要以上の関心を持つものでないというところが、もう分からなくなったみたいだ。

おばあさんが自己満足で、自慢の種として吹聴するのは、害は余りないけど。孫たちは、そんなに悪い子たちじゃないのに、自分の知らないところで話題にされるのは少し気の毒だね。

こういうのは、どうすればいいのだろうか
呆けというには、しっかりしているけど、なんらかの社会性が飛んでしまった状態。

端から見ていると、もどかしいことをしているような気がしてならない
子供、孫が成績、素行がちょっと問題だ。
なんていうのは、ほとんどの家にもありうる問題なんだから
人ごとではないけど、もやもやした問題だね

こういうのも、呆け症状の一種なのだろうね

|

« 青島海水浴場に行った | トップページ | 今たこ焼き50円が普通なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/3191447

この記事へのトラックバック一覧です: 知り合いのおばさんが呆けたみたいだ:

« 青島海水浴場に行った | トップページ | 今たこ焼き50円が普通なのか »