« 亀田選手気持ちは伝わったが、……… | トップページ | キリストの勝利 »

亀田選手の試合について

昨日の亀田選手の試合は、結果がすっきりしたものでないため
日本中を巻き込んだ議論の対象になっているね

自分の考えでも、亀田選手は負けていたね。

ただ、対戦相手も、相手の国での試合なのだから、もっと貪欲にKOを狙っていくべきだった。
中途半端に判定で勝とうとするのは、詰めが甘いということだね。

まあ、これが一部のボクシングファンだけの問題ならば、よくあることですますこともできたが、
こんな視聴率を取り、人気者になってしまったら
収拾がつかなくなったね。

亀田親子の目標が、世界チャンピオンと明快だけど、目的のために手段を選ばない手法が、一部には、支持され、一部には嫌悪されおり、
更に、ファンもアンチファンも関心があるので、テレビで放送されたら、取り敢えずどちらの立場の人間も、どちらの立場でない者もみんな見てしまうことになってしまったね。
ある面メディア戦略の成功だね


自分が考えるに、
この明快な世界チャンプへの挑戦ということが、実は一番の問題なのではないかと思うんだ。

亀田親父が、あいつ(興毅君のこと)はバカだから、勉強は駄目だ。だからスポーツなんだ。東大に行く代わりが、世界チャンプなんだ。というニュアンスのことをよく言っているよね。

これは、おかしい。

東大に入るのが、目的というのは、おかしいよね。

まあ、東大出て、官僚になり日本を支配したいという人も確かにいるけど、
多くは、勉強が好き、したいことがある、エリートとしての自覚から、東大に入り、卒業しているのではないかと思うんだ

あくまで、通過点として、捉えている人しか、社会に出て、通用するいい仕事はしていないと思うよね。

ボクシングも同じと思うよ。

世界チャンプイコール世界最強というのではないと思えば、言い換えれば通過点に過ぎないと思うことができれば、
もっともっと強くなれるのでないかなと自分は思うんだね。
まだまだ若いのだし、強さへの探求は、無限だしね。

この辺のところが、亀田親子の考えでは、取り敢えず目先の勝ちに拘る。こういうのは、どうなのかな。

はっきり言って、まだ現段階では、世界チャンプの器ではない、まだまだ修行中の選手じゃないかな。

細かく細分化され現代の量産化されている世界チャンプの一人には、運良くなれるかも知れないが、
本当に強い相手には、勝てない。
今回も、強い世界チャンプが、階級を上げた後の、暫定世界戦に過ぎないし、相手も必ずしも強い選手でじゃなく、自国での試合だった。
すっきり勝ったとしても、運が良かっただけ、という人も必ずいたはずだね

焦らず、地道に力をつけていったほうが、良いのではないかな
強くなるのに、10代、20代、30代で世界チャンプになっても、価値には相違はないしね

メディア主導で、持ち上げられても、結局は飽きられたら、ぽい捨てされるなら、地道に力を蓄えて、真に強い選手になった方が、良かったのではないかな

宮本武蔵なんかは、強くなるため山籠もりして、草木相手に修行しても、その強くなりたい意思が強烈だったから、途方もなく強くなれた

でも、強くなり過ぎて、自分が熱望していた仕官は、結局できず
ある面失意の人生だった。

栄光と真の強さは、両立しないものかも知れない、
でも、真の強さへの探求を怠ったら、後世の人に語り継がれる存在にはならないよね

|

« 亀田選手気持ちは伝わったが、……… | トップページ | キリストの勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/2925096

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田選手の試合について:

« 亀田選手気持ちは伝わったが、……… | トップページ | キリストの勝利 »