« 日本のサッカー報道と欧米のサッカー報道の違いについて | トップページ | nakata netの記事を読んで »

日本サッカーが向かうべき方向について

日本サッカーがどういう方向について向かうべきか、ということについて少し書きます。

守備面と攻撃面に分けて考えるのが、解りやすいし、有効だと思う。

強いサッカーは、守備面にあると思うし、らしいサッカーは攻撃面に根ざしたものだと思う。

まず、守備面から

ここで、世界との差を詰めるのは、現段階では困難なんではないかな。

何故か。

守備は、世界の強豪国のリーグ戦のみで、やはり鍛えられるものだという認識が、このワールドカップを見て強く感じた。

普段のリーグで、怪物(モンスター級選手)がうようよしているしか、守備システムは向上していかないのではないのか。普段から、ドロクバ、ジェフチェンコなどと戦い、どう抑えるのかを考えることが、守備システムを向上する最適な道なんだと思う。

日本対ブラジル戦で、日本はその守備システムの脆弱さを露呈した。1人の怪物なら、2人、3人で囲めばなんとか成るかも知れないが、怪物が2人、3人前線にやって来たら、もうお手上げ、がちがちに守って、相手がシュートするコースを防ぐしかできなくなった。

このようなことに対処するのは、日本選手が強豪国のリーグ戦で、守備的ポジションでレギュラーを多数獲得しているか、Jリーグに怪物が多数いなければ、解らないものではないのかな

日本の今大会の守備システムは、宮本選手を中心に選手自身が考え、かなりのシステムを考えたとは思うけど、具体的にどうすればいいのかの経験は足りなかった。

欧州に日本選手が多数活躍。Jリーグが世界のビッグリーグになるというような条件にないのは、現実は明かなのだから、早急に守備面で世界と互するのは困難だと思う。

では、攻撃面はどうか

ここには、希望があるのではないかな

攻撃のバリエーションは無限。

体格、身体能力が優れていれば有利なのかも知れないけど。しかし体格、身体能力が劣っていても、今大会で優れたサッカーをしたチームはあった。

スペイン、アルゼンチンなどがイメージできるのではないかな

彼らは、そんなに大きくなかったが、素晴らしいパス回しをして、世界中を魅了した。

決して今大会良い成績を残したチームではなかったけど、これらのチームは日本の行く末を指し示すチームなのではないのかな。

取り敢えず、攻撃面から出来ることをやっていけば、それが魅力あるものに世界中の人たちが感じるようになれば、世界中の良い選手も日本に来てくれる。

そして、クラブチームを強くし、リーグ戦を盛り上げレベルを上げていき、守備面の強化も図っていく。

こういう道しかないのではないのかな

地道に強化を図っていくしかないと自分は思う。

|

« 日本のサッカー報道と欧米のサッカー報道の違いについて | トップページ | nakata netの記事を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/2495008

この記事へのトラックバック一覧です: 日本サッカーが向かうべき方向について:

« 日本のサッカー報道と欧米のサッカー報道の違いについて | トップページ | nakata netの記事を読んで »