« 日本サッカーが世界49位になったことについて | トップページ | 庭の薄紅葵が咲いた »

久しぶりにコメントがついたので

このブログは、PINGにも。発信していないし、ほとんど個人の思いつきを述べている自己満足ブログですが、たまにコメントを頂くと嬉しいものだ。
それが、自分に否定的な意見であっても

中田選手を悼む記事を報知新聞に書いた、村上龍さんついて、自分が述べた意見が分かり難しとのコメントを頂いた。
確かに、その通りだね

つまりね、個人が引退しようが、サッカーという競技はあり続けるのだから、それで見方が変わる人も、いてもいいと思うけど、報知新聞みたいな一般的なファンに発信するメディアで、そういうナイーブな意見はどうかな、と自分は思うということだ。

日本代表が、これからどうなっていくか。どうすべきだなんていうことの方が一般人には、興味があることではないのかな。
中田選手の功績は、評価できるとしても、中田選手がいなくなっても、日本サッカーはあり続けるのだしね。そこで、見るのを止めたり、興味を失ってしまうというのは、どうかなとも思うのだよ。

|

« 日本サッカーが世界49位になったことについて | トップページ | 庭の薄紅葵が咲いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/2642157

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにコメントがついたので:

« 日本サッカーが世界49位になったことについて | トップページ | 庭の薄紅葵が咲いた »