« 日本サッカーが向かうべき方向について | トップページ | 準決勝の展望 »

nakata netの記事を読んで

中田選手の最後のメッセージを読んだ。

良い文章だ。

気持ちが伝わる言葉で綴られていた。

残念だね、やっぱりもう少し日本代表で頑張ってくれないかな

こんな知的な選手がいなくなる喪失は、日本には、大きな損出だ。

いい人は、去り。変な人は残る。

実人生そのまま。

うーん。やはり世界で戦っていくというのは、自分が考える以上に過酷なことが、行間からも見て取れる、これ以上できない。ということはないけどしたくない。

また新たな選手が、日本サッカーを支えていって欲しいということなのかな。

ワールドカップに3度も出場した選手は、世界でも限られた少数な選手だけだ、この栄誉だけでも、十分世界でも認められる偉大な選手だ。

中田選手がいなくなるということの、日本国内に今溢れている何とも言えない失望は、言葉に表せないほど、微妙なものだ。

素直に中田選手の行く末を応援したい人々の気持ちもあるが、ある時代の終わりを実感させるものでもあるからね。

日本のサッカーの。ある種の、ある時代のシンボルだった。

中田選手がいなくなったら、どうしようという空気がある。

果たしてやっていけるのかな。

この不安感も実際、今みんな持っているのだろうね

|

« 日本サッカーが向かうべき方向について | トップページ | 準決勝の展望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/2498331

この記事へのトラックバック一覧です: nakata netの記事を読んで:

» 中田英 引退 [くすりぶくろのなかみ]
昨日、nakata.netにてアップされた記事は、 日本サッカー界にとって、大きな痛手となる発表だった。 中田英寿がプロサッカーから引退する。 誰も止める事は出 [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 13時27分

« 日本サッカーが向かうべき方向について | トップページ | 準決勝の展望 »