« ベンゲル監督の言葉について | トップページ | 強さとはなにか »

和尚さんが父親のパソコンを壊してしまった。

父親は離れに住んでいて、囲碁が好きで、パソコンで囲碁ソフトでゲームするのが趣味なんだけど、父親の囲碁仲間の、我が家の檀家の和尚さんが、父親が病院に行っている不在時に、そのパソコンの囲碁ソフトを起動して、父親が帰ってくるまで、囲碁ゲームをしようとしたらしい。

古いパソコンなので、起動時間が遅いので、おかしいかなと思って、パソコンを持ち上げ振ったらしい。

そしたら、パソコンが壊れてしまった。

何すんねん。和尚さん。

普通、起動時にパソコンなんか振るか、真空管のテレビじゃないのだから、

どうするねん。治らないぞ。

折角自分が、ノートパソコンを買って、囲碁ソフトを買いそろえ、整えていったのに、どうするんだ。弁償問題だ。

とか自分はのたまわっているのだが、父親は、老い先短いので、これから世話になるからそんなこと言えないだろとか言っている。

それとこれは、別問題だ。と言い合ってますね。現在。

囲碁ゲームは我が家に絶対必要なものだ。

これで、普段、うるさいの父親の戯言が緩和されているのだからね。

こっちが、父親がうるさいのは、迷惑なんだ。と言っているけど、父親本人に自覚はない。

早急になんとかしなくてはいけないなあ。

火急の我が家の問題が発生して困っています。

|

« ベンゲル監督の言葉について | トップページ | 強さとはなにか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/2434086

この記事へのトラックバック一覧です: 和尚さんが父親のパソコンを壊してしまった。:

« ベンゲル監督の言葉について | トップページ | 強さとはなにか »