« 緞帳役者 | トップページ | 息子は一五 »

事の終わり

ピーターは気づいたら、病院にいて人間に戻っていた。スコットランドのばあやはピーターが目覚めたら、喜ぶと思って、小さなぶちの子猫を見せた。ピーターはジェニーのことを思い出し、そんな猫嫌だと言ったが、暫くその子猫の鳴き声を聞いているうちに可愛そうになった。そして飼ってあげても良いと思うになり、ジェニーのことも忘れてしまった。

人間に戻り、猫のことを忘れてしまったんだね。いろんな経験は、ピーターの潜在意識の中に閉じ込められてしまったわけだ。

|

« 緞帳役者 | トップページ | 息子は一五 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事の終わり:

« 緞帳役者 | トップページ | 息子は一五 »