« ハンニバル戦記 | トップページ | ベンゲル監督の言葉について »

市場サッカー

ワールドカップは白熱しているよね

アルゼンチンとメキシコのサッカーは面白かったよね

自分は、市場サッカーじゃないかと思うんだ。(異論はあるかもいしれないけど)

「おじさんこれなんぼ。」「この金額じゃ。」

「それは高いよおじさん。」「お客さん今日これくらいですわ。」

「そんなの絶対高いわよ。」「この金額じゃないと駄目だよ。」

「それじゃ他の店探すは。」「そうそう他当たってくれ。」

彼らのサッカーは、こんなリズムで、相手とパスのやりとりしていた。

スペイン語は解らないけど、 そして、相手を出し抜いた時。「やりー。」とか「もらった。」とか

喋っているよね。絶対

お互いこんな口調で、貶し合っていたね。

「そこが甘いんじゃ。ぼけ。」「そうくるか。残念ここはわしのテリトリーだ。お前みたいな若造の侵入は許さん。」

とか、画面上では、このような言葉を当てはめると、ピッタリはまったりする気がした。

絶対こういう感じで、彼らは戦っていた。

ラテン系は楽しくていいよね

勝手に面白いせりふを当てると、そのように行動しているように見えるものね。

|

« ハンニバル戦記 | トップページ | ベンゲル監督の言葉について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/2417497

この記事へのトラックバック一覧です: 市場サッカー:

« ハンニバル戦記 | トップページ | ベンゲル監督の言葉について »