« 人類の子供たち21 | トップページ | 庭のくちなしの花を撮った »

次戦クロアチア戦について

クロアチアはブラジルと互角に渡り合った。何度もチャンスもつくり出し、ブラジルをヒヤッとさせる場面もあった。日 本よりも力は上だね。日本はクロ アチアの実力を認めた上で、押されることを十分に考えて対処しなくてはいけない。特に、プルショの縦への速い動きは徹底的にマークしなければいけない。基 本的には、ボールをつないで速い展開のサッカーをしてくるが、打開するために、高さを生かしてくることも考慮する必要がある。(中略)    

  選手にとっては苦しいだろうが、ラインはできるだけ高く保ち、前線から激しくプレスをかけ続けなければ次がない。守っているだけでは勝てない。耐 える時間は耐えることが必要だが、攻めに転じた時は、相手DFの裏側に速いパスを通し崩すこと。崩せなければ、ミドルシュート。こぼれ球を拾い、単発では なく、厚みのある攻撃ができるどうか。(後略)(日刊スポーツ評論家セルジオ越後さんの記事から引用)

 

また、ワールドカップ記事。すみません。

いろいろ書くことがありすぎて、でもただの素人の戯れ言なので、変なこと言っていると思っても許してください

セルジオ越後さんの評論は、Jリーグ発足直後から、面白く読ませてもらいるね。いつも辛口。でも、テレビでは、甘口に近い中辛かな

セルジオさんの記事は、当たり前のことを言っていて、今更どうということのない内容だね。

マークすべき人物。対処方法はもう折り込み済みだろうからね

気になることは、オーストラリアがしたような日本対策を、あの試合を見て、やってくるか

ここが問題だよね

顕著な弱点が明かだよね

クロアチアの監督が、勝負にこだわる人物だったら、更に激しいマークを日本の中村選手、中田選手につけてくるだろうね

このことを考えて、4バックにして、小笠原選手を起用するのかな。

付け刃が果たして利くのか

ここが、争点だと思う。

それと、天候が涼しいことも重要かな

クロアチア対ブラジル戦を見ていると、クロアチア自身は、余り強くないような気がしたんだけど。どうだろうね

ブラジル対クロアチアの試合では、ブラジルは、無理せずに、適当にならして試合していたような気がするね。ロナウドなんか、ならしすぎて、手抜きだったのではないかと思ったものね(ロナウドは力が衰えたのかも、そうするとブラジルはピンチ?)

ええーと、これも書いておこう

オーストラリアは、イエローカードが、日本戦では、もっとでていても良かったと思うね。審判がまともだったら、もっと出たよね。そして今後も、あんなことやっていたら、出場停止選手続出。レッドカードによる、退場も出て、チームは瓦解するのでは

そのリスクを背負ったサッカーが、上手くはまっただけな気もするね

真に強いチームではなかったことは、確か。

それぞれ、いろいろ考えて、やって来ているんだよね。

もうジタバタしても仕方がないのだから、天命を待つしかないよね

|

« 人類の子供たち21 | トップページ | 庭のくちなしの花を撮った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/2235833

この記事へのトラックバック一覧です: 次戦クロアチア戦について:

« 人類の子供たち21 | トップページ | 庭のくちなしの花を撮った »