« 人類の子供たち 28 | トップページ | トマシーナ 4 »

このあとのブラジル戦について

チェコ対イタリアは、イタリアが貫禄勝ちだった。同時間で、アメリカ対ガーナがあって、どちらを見たらいいのか悩んだけど、チェコ対イタリアを見てしまった

チェコは退場者を出し、残念な試合だった。

ネドベドは前半から凄い運動量で、さすがと思わせたけど、厳しくマークされ、それも2人、3人に囲まれていくうちに、消耗して最後はもうボロボロに。

チェコはアメリカ戦を見たとき、近未来のチームだと思って期待していたのだけど、異次元のチーム ガーナと、伝統のアズーリ、守備力の前に、力尽きたね

自分は、イタリアなんかより、チェコにこそ決勝トーナメントに行って欲しかった。

イタリアの上手いけど、余り面白くないサッカーが世界の主流になるなんてことは、あってはならないと個人的には思う。

イタリアは、1位通過なので、日本のグループの2位と戦うのだね。どこが出ても、もう勝ったも同然みたいな感じに、イタリア国民は思っているだろうね

この後日本対ブラジル

日本にとっては、運命の試合だけど、ブラジルにとっては決勝トーナメントの為の調整試合だね。

日本はもう捨てるものはないのだから、思い切ってばんばんシュート打って、戦ってもらいたいものだね。

オーストラリア戦のときみたいに、変なプレッシャーはもうないから、いい感じで試合に臨めるのではないかな

|

« 人類の子供たち 28 | トップページ | トマシーナ 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/2338621

この記事へのトラックバック一覧です: このあとのブラジル戦について:

« 人類の子供たち 28 | トップページ | トマシーナ 4 »