« 小泉的メディア戦略? | トップページ | 戦国の武将たち »

NHKのサッカー番組を見ていて

本来サッカーファンではないのだけど、今年はワールドカップがあるので、NHKBSで放送していた「歴史を変えたワールドカップ」を全部見てしまった。その感想を少し

1970年のブラジル、1974年のオランダ、1982年のイタリア、1986年のアルゼンチン、1998年のフランス。

について、放送していたね。

この放送をに見て最初に感じたことは、革命はいつも、中心よりも辺境から、やってくるね。イングランド発祥のサッカーはドンドン地球の端に広まっていき、また辺境から新しいサッカーがやって来るというイメージを自分は得たね。

この中で、地理的には辺境じゃなかったけど、最も面白く感じたのは、オランダだね。この1974年と、今から30年以上も前に出現したチームは、宇宙からやって来たような衝撃を、地球のサッカーに与えたんじゃないかな。

このときの衝撃に較べたら、他の、この放送で取り上げられたチームは、大して重要じゃないかもね。

ポジションチェンジ、オフサイドトラップ、こんなことを発明したのもオランダだったんだね

他には、後世に悪い影響を与えたのじゃないかと思ったのは、鉄壁の守備のカテナチオのイタリアだね。全然面白くないサッカー。こんなもの広めたら。サッカーは、地球から消滅しちゃうのでは、ないかと思うね。

8年前のフランスは、この放送で取り上げられた他のチームに較べたら、ただのマイナーチャンジのような気がする。戦術的には高度になっているけど、驚きがないね

今回のワールドカップでは、衝撃を与えてくれるチームはあるのかしら。

あるとすれば、アフリカ勢だろうね。今回出てきたアフリカのチームは余り強くない感じだけど、何しでかすか分からない不気味さは、秘めているよね

|

« 小泉的メディア戦略? | トップページ | 戦国の武将たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/1912228

この記事へのトラックバック一覧です: NHKのサッカー番組を見ていて:

» 3バック [オーディション越後屋@情報商店街]
ワールドカップ初戦ジーコ監督は3バックでいくようですね。 今から、作戦を公開するなんて、今更じたばたしても始らないといッた感じですかね。 [続きを読む]

受信: 2006年5月27日 (土) 10時39分

« 小泉的メディア戦略? | トップページ | 戦国の武将たち »