« 孤児マリー① | トップページ | またしゃくなげを写してみた »

ブログはコードを語るものではないかな

ブログをはじめて、漸く半年が経とうとしているね

こんなに続くとは思わなかったね。

実験的に開始したものであっても、書くものはあるものだね。犬も歩けば棒に当たるということかな。

自分のブログのコメント、トラッククバックして頂いた人のうち、半数以上のブログ、ホームページが閉鎖されているのだから、結構健闘しているのだろうね

ブログの中で、自分の気持ちを、生で語るようなものは、観察していると長く続かないみたいだね。芸能人などの有名人以外のもので、そんなもの読んで面白い人などいないから、これは当たり前なんだろうね

やはり、なんらかのテキスト、対象を元に、そのことに語るものでないと、続けるのが辛いということなんだろうね。

だから、プロフィールや、どういうことをこのブログで話題にするかという最初に述べていることは、重要なんだろうね

そういうことに最近気づいた。

つまり、コードが必要ということなんだろうね

儒学でも格物致知と言う言葉があるように、対象を通して知に至るということなのかな

まあ、この自分のブログでは何を対象にしていたのかを振り返って見てみると、

①、マンガ・ライトノベルの感想を書くこと

②、アメフトというより、NFLの感想を書くこと

③、野球の感想を書くこと

④、クラシック音楽の記事を書くこと

⑤、歴史について書くこと

⑥、花などの写真を載せること

⑦、日常、テレビ、報道の感想を書くこと

と分けられる気がするね。こんなにばらばら書いたんじゃ駄目なんだろうけど、

書くことがストレス発散みたいになって、止められなくなっているね。

しかし、まだまだ、継続性に自信がないので、このまま続けていけないのではないかな

|

« 孤児マリー① | トップページ | またしゃくなげを写してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/1770629

この記事へのトラックバック一覧です: ブログはコードを語るものではないかな:

« 孤児マリー① | トップページ | またしゃくなげを写してみた »