« 浄専寺のしだれ桜をみてきた | トップページ | 涼宮ハルヒについて勝手に考えてみた »

罪のあがない

罪のあがない  サキ(1870-1916)

オクタビアン・ラトルは、快活で元気な男だったが、自分の家のひよこがたびたび惨たらしく殺されていたのを、ある家のねこの仕業と思い。その家の主人に猫を殺す了解を得て、その猫を殺した。しかしその猫の飼い主の子供3人がその現場をしっかり見ていた。そして猫のしわざではなく鼠の仕業だった。オクタビアンはチョコレートで懐柔しようとしたがだめで、自分の2才になる子供を仲立ちにして仲直りしようとしたが、オクタビアンが目をそらした隙に子供を浚って豚の腐った藁の中に投げつけた。オクタビアンが直ぐ入ったが、前になかなかいけず、ずるずる沈んでいった。3人の子供たちに助けを呼んだが、なかなか助けてくれず、最後に30分猫の前で祈って、自分はけどものだというのなら、許してやると言った。

恐怖度チェック

怖くない3くらい

ただし、不気味な話だね。子供には、子供のルールがあるということかな

|

« 浄専寺のしだれ桜をみてきた | トップページ | 涼宮ハルヒについて勝手に考えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罪のあがない:

« 浄専寺のしだれ桜をみてきた | トップページ | 涼宮ハルヒについて勝手に考えてみた »