« 罪のあがない | トップページ | ひも »

涼宮ハルヒについて勝手に考えてみた

ここから、思いっきりネタばれしますので、気になる人読まないでね

アニメ化も始まり人気が定着した感のある涼宮ハルヒシリーズだけど、毀誉褒貶の烈しい小説で、傑作と自分は思うのだけど、そう思わない人も多いみたいだね。

このどう捉えたら分からないところが、ちょっとマイナーなテレビ局での放送になったのだね。完全にニッチ狙いだね。

まあ仕方ないかな。涼宮ハルヒ自身が訳の分からないキャラクターだしね。でもこの小説世界は中心が涼宮ハルヒ自身であるのだから、一番重要人物であることには違いないけど。涼宮ハルヒ自身人気が余りないような気がするね。涼宮ハルヒを支持する人もいるけど、長門派と朝比奈派の方が多いしね。、涼宮派はいまいち影が薄くなっているよね。

ここで、作者がもっとサービスして、涼宮ハルヒを、もっと大げさな人物、例えば白鳥麗子さんみたいなキャラクターにしたらどうなのかな。もっと混乱して収拾されなくなるかな。でも現状では、度々涼宮ハルヒがいなくても大丈夫な話が多くなってきているね

SOS団の中に、男と女が存在するということは、もう恋愛感情が底流にあるというは自明だよね。変な形の話になっているけど、この涼宮ハルヒシリーズも恋愛小説であるには違いないよね。愛情問題を外したら、この小説は成り立たないよね

自分は長門派なんだけど、世の長門派の人が、何故長門を支持するのかつらつら考えると。「消失」で長門がキョンのことを好きなのに違いないと確信したからなんだろうね。ただその愛情を上手く表現できなくて、もどかしいのが、かわいいと。

まあ、長門は人間じゃないのだから、人間の高校生みたいな愛情の表現はできないよね。高校生の男女が考える異性への愛情表現は、ぐっちょんばっちょんみたいなもので、性的な関心を伴うものだけど、長門の愛情表現(自分はただの好意のような気がする)は、同じ一週間を何百回繰り返しても平気みたいに、老夫婦が縁側で日だまりの中で、お茶を飲むようなものに、幸せを感じるものなのではないかな。この老成した女の子の中身と外見のアンバランスが、受けるところだろうと勝手に想像するのだけど。

なんと、まだまだ言いたいことがあるので、また今度続きを書きたいと思います。

こんな妄想記事誰も読まないかもしれないけど、このブログの最大の読者は自分なので、自分は喜んでいるので続けます。

|

« 罪のあがない | トップページ | ひも »

コメント

いつも寂しくて、自分の感情や性格をかくしていて、恥ずかしくて孤独な女の子の物語......

投稿: sud | 2008年5月31日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/1327189

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒについて勝手に考えてみた:

« 罪のあがない | トップページ | ひも »